スーブレットの22(父ヘニーヒューズ)評価【キャロットクラブ募集番号102】※追加募集

キャロットクラブ募集馬診断

こちらのページでは、キャロットクラブの募集馬を分析し、その評価を解説します。

■評価軸・合格ライン
☆募集金額の2倍の賞金を稼げるかどうか?
重賞に出走できるポテンシャルがあるか?

■分析手法
☆種牡馬・BMSの傾向
☆血統表内の相性、インブリードの効果
☆配合の獲得賞金の上限・アベレージ

※当サイトを初めてご訪問された方はこちらのページをご一読ください
※出資判断はご自身でご判断ください。責任は負いかねます
※写真等はキャロットクラブ様の許可を得て掲載しております

血統・母年齢・性別

スーブレットの2022

父:ヘニーヒューズ
母:スーブレット (7歳)
母父:ゴールドアリュール

牝馬

スーブレットの22 血統表

5代目までのクロス:Northern Dancer5×5

募集価格・厩舎

募集総額:2,400万円(一口24万円)

預託予定:門別・田中淳司厩舎 もしくは南関東

評価・適性予測

スーブレットの仔がキャロットで募集されるのは2回目となります。初仔のラリーレイドを評価した際には「気性面が最大のリスク」というお話をしました。

ラリーレイドは気性以上に身体が弱かったことが原因で未勝利に終わりましたが、デビュー戦では途中から捲っていったにもかかわらず、最後の直線では自らレースをやめるようなレースを披露(調教師は距離が原因と話していましたが)。やはり自分の評価としては気性面は信用できないとジャッジします

配合的にはG1レーシングで2勝をあげているスクーバーと13/16共通で、まったく見どころがないという訳ではありません。

ただしヘニーヒューズ産駒が牡馬優勢であることはマイナス材料。

まだ現役中とはいえ牡馬であるスクーバーの獲得賞金が3,000万円台で、本馬が牝馬であるという点で割り引くとと本馬が回収率200%(獲得賞金4,800万円)を達成するのはハードルが高いと言わざるをえません。

※そもそもキャロットの地方募集馬は維持費や手当の関係でコスパが悪いという面もあります

[追記 2024.4.4]
本馬に関しては、とにかく気性面が気になったのでそこを重点的に確認しました。その結果として、やはり変なところで急に耳を絞ったりするので、かなり勝気な面はありそうです(邪推かもしれませんが、調教でも2頭しかいないのにかなり離して走らせている理由もそのあたりにあるかもしれません)。

勝気な性格=ネガティブ材料ではありませんが、セラフィックコールのようなヘニーヒューズ産駒特有の気難しさをたまに出すようなことはありそうです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました