ジョプリンの2021(父ロードカナロア)評価・分析【キャロットクラブ募集番号2】

キャロットクラブ募集馬診断

こちらのページでは、キャロットクラブの募集馬を分析し、その評価を解説します。

■評価軸・合格ライン
☆募集金額の2倍の賞金を稼げるかどうか?
重賞に出走できるポテンシャルがあるか?

■分析手法
☆種牡馬・BMSの傾向
☆血統表内の相性、インブリードの効果
☆配合の獲得賞金の上限・アベレージ

※当サイトを初めてご訪問された方はこちらのページをご一読ください
※出資判断はご自身でご判断ください。責任は負いかねます
※写真等はキャロットクラブ様の許可を得て掲載しております

基本情報

父:ロードカナロア
母:ジョプリン (7歳)
母父:Soldier Hollow

5代目までのクロス:Northern Dancer5x5

メス

募集金額・厩舎

募集金額:4,000万円 (一口10万円)

預託予定:美浦・木村哲也厩舎

分析・評価

本馬の母ジョプリンは2020年に導入されるも、本馬を生むと同時に死亡。本馬が唯一の産駒となりました。

母父Soldier Hollowシュネルマイスター[NHKマイルC]を輩出。母父In the Wings系は、シングスピール経由が主流も、日本の高速馬場に対応できます。ただし、父キングマンボ系との相性は微妙

本馬の血統表を見渡した時に感じた第一印象は「父がドゥラメンテだったら…」というもの。2022年の牝馬二冠馬スターズオンアースの母と共通項が多く、父がドゥラメンテだったら一考の余地はあったかと思います。

ベターと思われる配合が容易に想像がつくだけに無理して申し込む必要はないだろうという判断です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました