インクルードベティの2021(父ハーツクライ)評価・分析【キャロットクラブ募集番号5】

キャロットクラブ募集馬診断

こちらのページでは、キャロットクラブの募集馬を分析し、その評価を解説します。

■評価軸・合格ライン
☆募集金額の2倍の賞金を稼げるかどうか?
重賞に出走できるポテンシャルがあるか?

■分析手法

☆種牡馬・BMSの傾向
☆血統表内の相性、インブリードの効果
☆配合の獲得賞金の上限・アベレージ

※当サイトを初めてご訪問された方はこちらのページをご一読ください
※出資判断はご自身でご判断ください。責任は負いかねます
※写真等はキャロットクラブ様の許可を得て掲載しております

基本情報

父:ハーツクライ
母:インクルードベティ (9歳)
母父:Include

5代目までのクロス:Hail to Reason4x5

募集金額・厩舎

募集金額:7,000万円 (一口17.5万円)

預託予定:美浦・堀宣行厩舎

分析・評価

本馬は、ほぼ評価不能です。

血統表を眺めた時にノーザンファームとは馴染みが薄い血が多く、ほとんどサンプルがないというのが実情。

「ハーツクライ+母父Include」は現2歳以上で2例のみ、Include産駒の繁殖牝馬にはシーズインクルーテッド(サンデーウィザードやヒーズインラヴの母)がいますが、そこからアプローチしても本馬に関する有用な見解は得られなさそうです。

母はダート1700m前後で活躍したタイプ。字面では、日本の高速馬場に対応できそうなスピード・瞬発力を感じないものの、おそらくボトムラインにあるDanzigによるスピードの下支えはあって、1800m以上ならなんとか対応できそうな気もします

ただ芝なのか、ダートなのかが読めません。これは難しいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました