フィンレイズラッキーチャームの2021(父キズナ)評価・分析【キャロットクラブ募集番号8】

キャロットクラブ募集馬診断

こちらのページでは、キャロットクラブの募集馬を分析し、その評価を解説します。

■評価軸・合格ライン
☆募集金額の2倍の賞金を稼げるかどうか?
重賞に出走できるポテンシャルがあるか?

■分析手法
☆種牡馬・BMSの傾向
☆血統表内の相性、インブリードの効果
☆配合の獲得賞金の上限・アベレージ

※当サイトを初めてご訪問された方はこちらのページをご一読ください
※出資判断はご自身でご判断ください。責任は負いかねます
※写真等はキャロットクラブ様の許可を得て掲載しております

基本情報

父:キズナ
母:フィンレイズラッキーチャーム (8歳)
母父:Twirling Candy

5代目までのクロス:Cryptoclearance5x4, Danzig5x5

募集金額・厩舎

募集金額:5,000万円 (一口12.5万円)

預託予定:美浦・国枝栄厩舎

分析・評価

フィンレイズラッキーチャームは時代の最先端を行く繁殖牝馬といえます。

Candy Stripes(クルミナルの母父)が5代目にいて、6代目にHaloがいます。ものすごいスピードで代を重ねている繁殖牝馬と言えます。

繁殖としての最大の特徴はCryptoclearanceのクロス、つまりFappianoを重ねている点にあります。Unbridled’s Songを筆頭に、日本の馬場適性の高い、覚えておくべき血統です。

そんな血を重ねているのですから、フィンレイズラッキーチャームはなかなかのポテンシャルを持っていそうです。

ただ問題は、その相手がキズナでよかったのか?という点。

キズナの血統表を確認しても、このFappianoに呼応してくれる血が見当たらず、「フィンレイズラッキーチャームの最大の長所を引き出してくれる種牡馬ではない」というのが筆者の見解。

キズナ側から見た場合には、好相性のHalo持っており一概に悪い配合ではないので、それなりの結果を出す可能性もありますが、出資のタイミングはここではないだろうという気がします。

ただいずれにしてもフィンレイズラッキーチャームが大物を出すタイミングはあるはず。今後、要注目の繁殖牝馬だと思います。

ウォーキング動画を見る限りはピッチ気味の走法で、距離適性はマイル前後になると予測します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました