スプリングゲイルの2021(父ミッキーアイル)評価・分析【キャロットクラブ募集番号33】

キャロットクラブ募集馬診断

こちらのページでは、キャロットクラブの募集馬を分析し、その評価を解説します。

■評価軸・合格ライン
☆募集金額の2倍の賞金を稼げるかどうか?
重賞に出走できるポテンシャルがあるか?

■分析手法
☆種牡馬・BMSの傾向
☆血統表内の相性、インブリードの効果
☆配合の獲得賞金の上限・アベレージ

※当サイトを初めてご訪問された方はこちらのページをご一読ください
※出資判断はご自身でご判断ください。責任は負いかねます
※写真等はキャロットクラブ様の許可を得て掲載しております

基本情報

父:ミッキーアイル
母:スプリングゲイル (7歳)
母父:キンシャサノキセキ

5代目までのクロス:サンデーサイレンス3×4, Halo4x5x4, Northern Dancer5x5, Lyphard5x5

募集金額・厩舎

募集金額:2,400万円 (一口6万円)

預託予定:美浦・武藤善則厩舎

診断・評価

ミッキーアイル産駒の獲得賞金上位を見ると、執筆時点のベスト10頭のうち7頭がHaloのクロスを内包。Haloのスピードを足して、スピードに特化させるのが王道といえます。

本馬の母はHaloのクロスを内包。母自身もスプリントが限界のスピードタイプでしたから、目指す方向は明確。こういうわかりやすい配合は評価できます。

加えて、血統表の中身を見ても、Nureyevキンシャサノキセキの相性も良いですし、配合的には穴が少ないでしょう。

初仔である点もありますが、本馬の最大のリスクは気性面。メイケイエールを生み出したミッキーアイルと、ほとんど制御が利かなかった暴走機関車スプリングゲイルのカップリングですから、気性が壊滅的な馬になってしまう可能性はあります。

馬体をみると、トモが大きく、純然たるスプリンターというよりは、一瞬の爆発力で抜き去る短距離・マイラー。ボトムラインのサザンヘイローはスタミナを補強してくれるのでマイルでも戦える可能性を秘めています。

気性面がどうかというリスクがあるものの、こういう一芸に秀でたタイプは筆者の大好物。最優先を使う可能性もあります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました