アンフィトリテⅡの2021(父ダイワメジャー)評価・分析【キャロットクラブ募集番号39】

キャロットクラブ募集馬診断

こちらのページでは、キャロットクラブの募集馬を分析し、その評価を解説します。

■評価軸・合格ライン
☆募集金額の2倍の賞金を稼げるかどうか?
重賞に出走できるポテンシャルがあるか?

■分析手法
☆種牡馬・BMSの傾向
☆血統表内の相性、インブリードの効果
☆配合の獲得賞金の上限・アベレージ

※当サイトを初めてご訪問された方はこちらのページをご一読ください
※出資判断はご自身でご判断ください。責任は負いかねます
※写真等はキャロットクラブ様の許可を得て掲載しております

基本情報

父:ダイワメジャー
母:アンフィトリテⅡ (15歳)
母父:Sebring

5代目までのクロス:Halo3x5, デインヒル5×4

募集金額・厩舎

募集金額:5,000万円 (一口12.5万円)

預託予定:美浦・田中博康厩舎

診断・評価

母アンフィトリテⅡはオーストラリアで活躍した芝マイラー。ダイワメジャーとのカップリングは目指す方向性がわかりやすそうです。本馬も基本的には芝のマイル前後が主戦場となるでしょう。

「ダイワメジャー+Halo」はスピード色が強くなりますが、サザンヘイローを経由した場合はスタミナも強調されます。なので、本馬はバリバリのスピードタイプというよりは、1600~1800mで先行してコツコツ稼ぐタイプになるとみます。

あと個人的に気になるのはデインヒルの存在。「ダイワメジャー+デインヒル」ブルドッグボス[JBCスプリント]やレシステンシア[阪神JF]を輩出する一方で、当たりハズレの差が激しいのも特徴。当たれば1億円前後を獲得する可能性もあります。

どうしてもマイル以上で重賞となると、他の切れ味のある馬にやられそうなイメージが強く、大きなタイトルとなると荷が重そうですが、マイル路線でコンスタントに賞金を稼いでくれる存在として割り切るなら出資はアリでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました