シークレットスパイスの2021(父リアルスティール)評価・分析【キャロットクラブ募集番号41】

キャロットクラブ募集馬診断

こちらのページでは、キャロットクラブの募集馬を分析し、その評価を解説します。

■評価軸・合格ライン
☆募集金額の2倍の賞金を稼げるかどうか?
重賞に出走できるポテンシャルがあるか?

■分析手法
☆種牡馬・BMSの傾向
☆血統表内の相性、インブリードの効果
☆配合の獲得賞金の上限・アベレージ

※当サイトを初めてご訪問された方はこちらのページをご一読ください
※出資判断はご自身でご判断ください。責任は負いかねます
※写真等はキャロットクラブ様の許可を得て掲載しております

基本情報

父:リアルスティール
母:シークレットスパイス (6歳)
母父:ディスクリートキャット

5代目までのクロス:Storm Cat3x4, Secretariat5x5

募集金額・厩舎

募集金額:4,000万円 (一口10万円)

預託予定:美浦・黒岩陽一厩舎

診断・評価

本記事執筆時点でリアルスティール産駒の十分なデータを得られていないのですが、現時点の所感としては【仕上がりは早くない】【中距離のほうが向きそう】という感じで捉えています。

そして配合を考えると、父が瞬発力タイプであることから、母方にはノーザンテーストのような持久力のある血を持ってきたり、欧州系の血でスタミナを補強する配合のほうが計算できそうな見通しです。

その観点でいうと、本馬はStorm Catのクロスに代表されるように似たような血を組み合わせており、筆者の感覚としては微妙。

母シークレットスパイスは、ビホールダーマイルS[ダート]のG1勝ちがあるタイプで、血統表を見てもダートっぽい印象

リアルスティール産駒のダート適性はわかりかねますが(個人的にはあると思っていますが)、本馬は動かしてもピッチ気味の歩き方。深いダートでやれそうなパワーに欠ける印象で手が出しにくい印象です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました