アルアリングスターの2021(父ハーツクライ)評価・分析【キャロットクラブ募集番号56】

キャロットクラブ募集馬診断

こちらのページでは、キャロットクラブの募集馬を分析し、その評価を解説します。

■評価軸・合格ライン
☆募集金額の2倍の賞金を稼げるかどうか?
重賞に出走できるポテンシャルがあるか?

■分析手法
☆種牡馬・BMSの傾向
☆血統表内の相性、インブリードの効果
☆配合の獲得賞金の上限・アベレージ

※当サイトを初めてご訪問された方はこちらのページをご一読ください
※出資判断はご自身でご判断ください。責任は負いかねます
※写真等はキャロットクラブ様の許可を得て掲載しております

基本情報

父:ハーツクライ
母:アルアリングスター (15歳)
母父:Exchange Rate

5代目までのクロス:Northern Dancer5x4

メス

募集金額・厩舎

募集金額:5,000万円 (一口12.5万円)

預託予定:栗東・斉藤崇史厩舎

診断・評価

「ハーツクライ+Danzig」の組み合わせは、ワンアンドオンリー[日本ダービー]やロジクライ[シンザン記念]などを輩出しており、実績はあるのですが、本馬はややスピードの要素に欠ける気がします。

上記の2頭にしても母父のタイキシャトルやMachiavellianからHaloの血をもらっているので、スピード馬場でも走れる根拠があります。一方で、本馬は母母方に北米のスピード系は持っているものの、Haloほど計算できる感じがしません。

あと個人的な好みとして「ハーツクライ+Seattle Slew」は牡馬で出資したい配合なので、トータルヒートの21とのヨコの比較で、こちらは選ばない。そんな評価です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました