ビートリックスキッドの2021(父ドゥラメンテ)評価・分析【キャロットクラブ募集番号63】

キャロットクラブ募集馬診断

こちらのページでは、キャロットクラブの募集馬を分析し、その評価を解説します。

■評価軸・合格ライン
☆募集金額の2倍の賞金を稼げるかどうか?
重賞に出走できるポテンシャルがあるか?

■分析手法
☆種牡馬・BMSの傾向
☆血統表内の相性、インブリードの効果
☆配合の獲得賞金の上限・アベレージ

※当サイトを初めてご訪問された方はこちらのページをご一読ください
※出資判断はご自身でご判断ください。責任は負いかねます
※写真等はキャロットクラブ様の許可を得て掲載しております

基本情報

父:ドゥラメンテ
母:ビートリックスキッド (17歳)
母父:Victory Note

5代目までのクロス:Northern Dancer4x5, Hail to Reason5x5

メス

募集金額・厩舎

募集金額:3,000万円 (一口7.5万円)

預託予定:栗東・西村真幸厩舎

診断・評価

現状、ドゥラメンテ産駒はSSをクロスさせることがあまりプラスにならず、むしろ非SSの欧州系の血が多い繁殖牝馬との組み合わせで大成しています。その観点でいうと、本馬の配合は面白いように映ります。

この手のタイプは筆者の配合理論がアテになりません。個人的には出資を判断する場合に根拠を求めたいものの、こういうロマンタイプに賭けてもいいなと感じています。

筆者の馬体の見方は何の参考にもならないですが、本馬の脚さばきは良い意味で気になりました。特に後脚が地面についたときに反発力がよく、歩き方に特徴があったドゥラメンテらしい力感のある歩様

キャロットクラブで追分F育成馬に手を出すことに若干の抵抗はあるものの、この価格ならギャンブルに賭けるのはありだと感じているので申込を検討しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました