ムーングロウの2021(父ジャスタウェイ)評価・分析【キャロットクラブ募集番号90】

キャロットクラブ募集馬診断

こちらのページでは、キャロットクラブの募集馬を分析し、その評価を解説します。

■評価軸・合格ライン
☆募集金額の2倍の賞金を稼げるかどうか?
重賞に出走できるポテンシャルがあるか?

■分析手法
☆種牡馬・BMSの傾向
☆血統表内の相性、インブリードの効果
☆配合の獲得賞金の上限・アベレージ

※当サイトを初めてご訪問された方はこちらのページをご一読ください
※出資判断はご自身でご判断ください。責任は負いかねます
※写真等はキャロットクラブ様の許可を得て掲載しております

基本情報

父:ジャスタウェイ
母:ムーングロウ (12歳)
母父:Neyef

5代目までのクロス:Nearctic5x5

募集金額・厩舎

募集金額:3,000万円 (一口7.5万円)

預託予定:栗東・寺島良厩舎

診断・評価

ムーングロウという繁殖の血統表の中で影響度の強い血を挙げるなら、短距離指向を強めに与えるGulchです。

配合を考える場合、全体をぼんやり捉えるよりも、ざっくり1つ、2つ、影響度の強い血に注目して、相手方との相性を考えるほうが血統に対する捉え方を簡略化できます。

話が逸れましたが、ここでGulchに注目した場合、「ジャスタウェイ+短距離指向のミスプロ系」の相性を考えます。しかし、残念ながらジャスタウェイ産駒の獲得賞金上位にこのパターンに該当する馬はほとんどいません。

その点を踏まえると、半兄モントライゼより本馬の配合を上にとることは難しいと言えます。見送りとします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました