ジルズパレスの2021(父レッドファルクス)評価・分析【キャロットクラブ募集番号94】

キャロットクラブ募集馬診断

こちらのページでは、キャロットクラブの募集馬を分析し、その評価を解説します。

■評価軸・合格ライン
☆募集金額の2倍の賞金を稼げるかどうか?
重賞に出走できるポテンシャルがあるか?

■分析手法
☆種牡馬・BMSの傾向
☆血統表内の相性、インブリードの効果
☆配合の獲得賞金の上限・アベレージ

※当サイトを初めてご訪問された方はこちらのページをご一読ください
※出資判断はご自身でご判断ください。責任は負いかねます
※写真等はキャロットクラブ様の許可を得て掲載しております

基本情報

父:レッドファルクス
母:ジルズパレス (8歳)
母父:Tale of the Cat

5代目までのクロス:Mr. Prospector5x4x5

募集金額・厩舎

募集金額:1,600万円 (一口16万円)

預託予定:門別もしくは南関東

診断・評価

レッドファルクス産駒のサンプルがまだ十分ではないので、「スウェプトオーヴァーボード+Storm Cat」の組み合わせを見ると、ファストアズエバー[獲得賞金5,660万]など、短距離路線で活躍している馬が目立ちます。

本馬もまた母が地方ダート短距離で活躍。母が持つミスプロのクロスを継続させる父を持ってきたことでシンプルにスピードを強調。芝かダートかは断定できないもののスプリンタータイプとみます。

スピードを強調している分、底力には欠ける印象で、地方のパワーを要するダートに不安が残ります。相手が強くなった時など大舞台でも底力不足を露呈しそう。100%回収はハードルが高い気がします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました