ティロレスカの2019(サパーダ)評価【キャロットクラブ募集番号9】

キャロットクラブ募集馬診断

基本情報

父:ドゥラメンテ
母:ティロレスカ (8歳)
母父:Roman Ruler

5代目までのクロス:Mr. Prospector 4×4, Nureyev 5×5

牡馬

募集金額・厩舎

募集金額:4,000万円 (一口10万円)
預託予定:美浦・木村哲也厩舎

診断・評価

母ティロレスカはアルゼンチンで13戦9勝、芝・ダ1000mのG1を2 勝しています。アルゼンチンらしいスピード豊かな母系だと言えます。

血統表をざっと見た時にカギとなるのがFusaichi Pegasusの血。この種牡馬はMr.ProspectorとHaloを内包しており、(あくまでもイメージとして)Machiavellian と同じような血の活かし方をするべき種牡馬です。

具体的にいえば、Halo色の強い血と組み合わせてスピードを増幅してあげるのが王道。実際、母系に Fusaichi Pegasusの血を持つ馬を賞金順に並べると、そのほとんどがSS系種牡馬です。

そういう意味でSSを内包しているとはいえ、ドゥラメンテと交配したのが腑に落ちなかったので本馬の種付け履歴を照会しました。

すると、ディープインパクトに種付けしたものの受胎せずに、ドゥラメンテに切り替えた経緯があります。

アルゼンチンの Halo色の強い繁殖にディープインパクトということで、おそらくサトノダイヤモンドのような配合で目指していたんだろうなという推測が成り立ちます。

その点から、たまたま予定が空いていたドゥラメンテに切り替えたというのが筆者の読み。本来の予定とズレているならば、無理して買わなくてもいいだろうという評価です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました