POG一口馬主情報局

POG、一口馬主のための情報サイト。ドラフト型POG開催中。2歳馬、3歳馬の次走近況情報も掲載。キャロットクラブの出資馬の選び方や種牡馬別の配合や厩舎・調教師データなどを解説

リッチダンサーの2019(父ドゥラメンテ)評価【キャロットクラブ募集番号58】

| 0件のコメント

当シリーズを初めてご覧になられる方はまず こちら に目を通して頂けると幸いです

<出資馬選びの方向性>
・募集価格に対する回収率を重視(目標200%)
・クラブ内世代トップ10入りを目指せるか?
・重賞出走を目指せるレベルか?

<主な分析ファクター>
・血統・配合、種牡馬傾向、性別傾向
・出生時の母年齢
・DVDでの動き(故障・怪我のリスク)


リッチダンサーの2019

父:ドゥラメンテ
母:リッチダンサー(19歳)
母父:Halling

5代目までのクロス:なし

メス

募集金額:4,000万円
預託予定:栗東・清水久詞厩舎

【注】リッチダンサー一族の評価は難しく、もはや愚痴っぽい話しか書いていません。マジメな評価が欲しい方は余所のサイトへ行きましょう。

リッチダンサーの一族を評価するたびに憂鬱になっている気がしますが、とにかく評価が難しいです。筆者が走ると思ったら全然走りません。筆者がネガティブに評価すると走ります(苦笑)。

気を取り直して…。まず言えるのはリッチダンサーは牝馬に出たほうが気性的にはプラスという点でしょうか。牡馬はとにかくセン馬になっているので、その点では牝馬に出たほうが計算はしやすい印象。ただし気性がマシ=賞金アベレージが高い、という訳でもないので、そこも難しい。

次にミスプロ系との配合は悪くないという点。これまでミスプロ持ち種牡馬との配合は日本で3頭走っていて(ホーカーテンペスト・ムーンクエイク・メリーモナーク)、獲得賞金の平均は1億円弱。そのうちキンカメ牝馬のメリーモナークがアベレージを押し下げているので、ポテンシャル的には1億円超えということで相性は優秀と言えます。

ドゥラメンテ側から見ても、配合が難しい中でこういう異系の血が多めと配合した形はドゥラメンテの配合パターンとしてはアリ。しかも5代目にSpecialが入って、クロスが成立している点もプラス評価。

リッチダンサーのように同じ性別の全姉妹で全然パフォーマンスが違ったりする繁殖は本当に難しいです。しかも16歳時に生んだコントラチェックが重賞勝ち。データで攻略できない馬は筆者の範疇にいないので、この馬は馬体派など別ジャンルの見解を参考にされるのがよろしいかと思います。

(文=桜木悟史) @satoshi_style
——————————————

※母名の横の( )内の数字は本馬出生時の母馬年齢
※出資判断はご自身の責任でお願いいたします。責任は負いかねます
※写真などはクラブの許可を得て掲載しております

▼2019年産の他の診断も見てみる
http://pog-info.com/archives/category/clubhorse/carrot2019



←他のサイトも見てみる


コメントを残す

必須欄は * がついています