POG一口馬主情報局

POG、一口馬主のための情報サイト。ドラフト型POG開催中。2歳馬、3歳馬の次走近況情報も掲載。キャロットクラブの出資馬の選び方や種牡馬別の配合や厩舎・調教師データなどを解説

ムスタパルタの2019(父トゥザワールド)評価【キャロットクラブ募集番号36】

| 0件のコメント

当シリーズを初めてご覧になられる方はまず こちら に目を通して頂けると幸いです

<出資馬選びの方向性>
・募集価格に対する回収率を重視(目標200%)
・クラブ内世代トップ10入りを目指せるか?
・重賞出走を目指せるレベルか?

<主な分析ファクター>
・血統・配合、種牡馬傾向、性別傾向
・出生時の母年齢
・DVDでの動き(故障・怪我のリスク)


ムスタパルタの2019

父:トゥザワールド
母:ムスタパルタ(8歳)
母父:Tapit

5代目までのクロス:Mr. Prospector 4×5, Nureyev 5×4, Fappiano 5×5

メス

募集金額:1,200万円
預託予定:美浦・伊藤大士厩舎

本馬の配合で注目したのが「母父Tapit」で、この条件でソートをかけるとひとつの傾向が見えてきます。それは【父がSS系だと芝向き、それ以外だとダート色が強くなる】という傾向です。

とりわけTapitの特徴であるMr. Prospectorを継続するミスプロ持ちの父を迎えるとデュードヴァンやキングカヌヌのようにダート向きになります。

本馬の父トゥザワールドもミスプロ持ちですから、本馬もダート向きとみます。加えて、少しスタミナ色のあるキングカメハメハ傾向なので、距離はマイルかもしくは2000m以上というタイプ。戦績的にはキングカヌヌのイメージです。

そういう仮定をした場合、牝馬である本馬が大舞台で力を発揮するとしたらエンプレス杯など限られた条件のみとなります。こういうダート牝馬は狙わないことにしているので検討外とします。

(文=桜木悟史) @satoshi_style
——————————————

※母名の横の( )内の数字は本馬出生時の母馬年齢
※出資判断はご自身の責任でお願いいたします。責任は負いかねます
※写真などはクラブの許可を得て掲載しております

▼2019年産の他の診断も見てみる
http://pog-info.com/archives/category/clubhorse/carrot2019



←他のサイトも見てみる


コメントを残す

必須欄は * がついています