POG一口馬主情報局

POG、一口馬主のための情報サイト。ドラフト型POG開催中。2歳馬、3歳馬の次走近況情報も掲載。キャロットクラブの出資馬の選び方や種牡馬別の配合や厩舎・調教師データなどを解説

ロスヴァイセの2019(父リオンディーズ)評価【キャロットクラブ募集番号44】

| 0件のコメント

当シリーズを初めてご覧になられる方はまず こちら に目を通して頂けると幸いです

<出資馬選びの方向性>
・募集価格に対する回収率を重視(目標200%)
・クラブ内世代トップ10入りを目指せるか?
・重賞出走を目指せるレベルか?

<主な分析ファクター>
・血統・配合、種牡馬傾向、性別傾向
・出生時の母年齢
・DVDでの動き(故障・怪我のリスク)


ロスヴァイセの2019

父:リオンディーズ
母:ロスヴァイセ(8歳)
母父:シンボリクリスエス

5代目までのクロス:サンデーサイレンス4×4, Mr. Prospector 4×5, Nureyev 5×5

牡馬

募集金額:3,000万円
預託予定:美浦・手塚貴久厩舎

本記事執筆時点でリオンディーズ産駒は4頭が中央勝ち上がり。その勝ち馬の配合をみてもあまり共通項がなく、シーザリオの遺伝の強さで能力を底上げしているように映ります。現状で弱点となりそうな点は【ダート適性が未知数】【脚元が少し怪しい馬が多い】という2点だけで、現時点ではポジティブに評価している種牡馬です。

「キングカメハメハ+スペシャルウィーク+シンボリクリスエス」という組み合わせは、二冠牝馬に輝いたデアリングタクトをみても喧嘩をしないので、これは配合としては穴が少ないように見えます。

懸念点は父産駒のダート適性が未知数であり、かつ母自身がダートで活躍した馬ですので、ダートに振れる可能性はあり。筆者の仮説としては、シーザリオの血は少し気性的に脆い部分があるのでダートで砂を被ったりするのはあまり歓迎しないため、本馬は芝でこそのタイプとみます(ダートでも鋭い末脚は使えるでしょうが、芝よりも道中の位置取りなどでリスクが増すため)。

上記に書いた理由以外にもいろいろ思惑はあるのですが、本年は一番減点材料が少なかった本馬に最優先を行使します。

(文=桜木悟史) @satoshi_style
——————————————

※母名の横の( )内の数字は本馬出生時の母馬年齢
※出資判断はご自身の責任でお願いいたします。責任は負いかねます
※写真などはクラブの許可を得て掲載しております

▼2019年産の他の診断も見てみる
http://pog-info.com/archives/category/clubhorse/carrot2019



←他のサイトも見てみる


コメントを残す

必須欄は * がついています