POG一口馬主情報局

POG、一口馬主のための情報サイト。ドラフト型POG開催中。2歳馬、3歳馬の次走近況情報も掲載。キャロットクラブの出資馬の選び方や種牡馬別の配合や厩舎・調教師データなどを解説

リーチングの2019(父Arrogate)評価【キャロットクラブ募集番号45】

| 0件のコメント

当シリーズを初めてご覧になられる方はまず こちら に目を通して頂けると幸いです

<出資馬選びの方向性>
・募集価格に対する回収率を重視(目標200%)
・クラブ内世代トップ10入りを目指せるか?
・重賞出走を目指せるレベルか?

<主な分析ファクター>
・血統・配合、種牡馬傾向、性別傾向
・出生時の母年齢
・DVDでの動き(故障・怪我のリスク)


リーチングの2019

父:Arrogate
母:リーチング(10歳)
母父:Dansili

5代目までのクロス:Northern Dancer 5×4, Danzig 5×4, Mr. Prospector 5×5

メス

募集金額:2,400万円
預託予定:美浦・宗像義忠厩舎

先に結論から書きますと、本馬は評価不能です。Arrogate自身がUnbridled’s Songとフォーティナイナーを重ねておきながら、ダートの中距離であれだけパワフルな走りをできるというのが規格外ともいうべき馬だと感じます。

血統表だけの印象でいえば、むしろ母系の芝適性が強く出て芝馬になる可能性さえありそうです。仮にダート向きだとしても、それなりにスピードの下地があるので1400mあたりの距離にも対応できそう。それだけ本馬は適性さえ予測が難しいと言えます。

ここで少し別の角度から話をしましょう。そもそも論として「なぜノーザンファームが未勝利馬であるリーチングを輸入してきたのか?」という点について考えてみます。

これは筆者の仮説ですが、母の半兄であるThewayyouareが2007年に仏G1・クリテリウム国際[芝1400m]を勝ったことがひとつのきっかけだったと推測されます。ここでポイントになるのは、Thewayyouareの父がKingmamboであること。つまりキンカメ系と本馬の牝系の相性を評価されて輸入だった可能性があります。

その仮説を裏付けるかのようにリーチングは本馬出産後、ドゥラメンテを配合されて半妹を今春出産しています。

上記のようなストーリーが本当だったからといって、本馬の評価に影響を与えるものではありませんが、Arrogate産駒である本馬はノーザンファームの本来の狙いの副産物であるという可能性は頭の片隅に置いといてもよいのではないでしょうか。

(文=桜木悟史) @satoshi_style
——————————————

※母名の横の( )内の数字は本馬出生時の母馬年齢
※出資判断はご自身の責任でお願いいたします。責任は負いかねます
※写真などはクラブの許可を得て掲載しております

▼2019年産の他の診断も見てみる
http://pog-info.com/archives/category/clubhorse/carrot2019



←他のサイトも見てみる


コメントを残す

必須欄は * がついています