POG一口馬主情報局

POG、一口馬主のための情報サイト。ドラフト型POG開催中。2歳馬、3歳馬の次走近況情報も掲載。キャロットクラブの出資馬の選び方や種牡馬別の配合や厩舎・調教師データなどを解説

キャロットクラブ 2019年度産駒 申込結果

| 0件のコメント

■申込内容

44.ロスヴァイセの2019 →最優先落選
17.アンレールの2019 →落選
22.クルミナルの2019 →落選
67.サンブルエミューズの2019 →落選
73.ワナダンスの2019 →落選
74.レオパルディナの2019 →落選
85.シンハリーズの2019 →落選

まず世代全体のレベルとしては、昨年の18産世代よりは下。17産のレシステンシア世代と同等か、ちょっと上ぐらいという評価。この世代からは重賞勝ち馬は3,4頭出るかな~というような評価です。

最優先はロスヴァイセの19。ただ個人的な前提として×を貯めるのが基本戦略。バツを獲りに行きつつ、仮に当たっても後悔しない馬を選ぶというのが今年の最優先戦略で、その中から減点材料が少なかったロスヴァイセを選択。かつての愛馬レイデオロを思わせるキンカメ+シンクリの配合。そして憧れのソニンク牝系!ただ冷静な見解を言わせて頂くと、世代の代表格というよりは世代5~10位ぐらいに落ち着く馬だとみています。

以下、一般枠のおはなし。

まず、今年は「ハービンジャー産駒に好配合馬が多い」です。馬体派の方もハービンジャー産駒に言及しているのを多く見かけましたが、血統派としてはむしろこれだけ好配合を揃えたらそうなるだろうという見方です。

ちなみに、今年の7月に上記のようなツイートをしましたが、この答えはハービンジャー。そういう背景もあって、今年はハービンジャー産駒の中からクルミナルとサンブルエミューズを選択。

クルミナルの19はDVDや馬体はぱっとしませんが、中長距離型のフォルム・骨格を持っており、筋肉にメリハリがつけば大丈夫。5歳ぐらいになって良さが表面に出てくる馬でしょう。これは血統的なイメージと馬体が一致していた1頭なので現実的に獲れそう馬の中で一番欲しかった馬でした。キャロ無情!

サンブルエミューズの19は、クルミナルとは別のベクトルでいい馬。この馬はむしろ母父ダイワメジャーが程よく主張したマイル寄りの中距離配合。牝馬に出てくれたのでマイル路線でも問題なし。あとは身体が大きくなってくれるといいですね。最優先での争いになったのでノータイム落選。

レオパルディナの19は厩舎人気込みでもうちょっと人気になると思っていましたが、身体の小ささが嫌われたかもしれません。配合に実績があり、方向性が明確なのが好感。馬体を無視して出資を決めた馬なので、これは筆者の当たりパターン…だったのに落選!

ワナダンスの19は自分のキタサンブラック好配合理論を信じての一票。馬体の完成度が高く、逆に1月生まれで伸びしろがどうなのかという不安もありますが、この馬が激戦になるとは…。

今年、低価格帯で一番穴っぽいと感じたのがアンレールの19。モーリスがアベレージ型の種牡馬ではないので【2,000万円以下のお手頃な馬】と宣言するまでの自信はないのですが、今年出資した馬の中で、この馬が一番回収率でハネそうな予感はあります。渋った馬場の大舞台で、馬群後方からゴムまりのような動きで伸びてきて大波乱演出…という妄想させとくだけさせておいて、これまた落選!

伝説の全落オープン再来でした ||| 〇| ̄|_ |||

■最終結論

<クラブ内世代トップ10を狙えそう>
22.クルミナルの2019(父ハービンジャー)
44.ロスヴァイセの2019(父リオンディーズ)
67.サンブルエミューズの2019(父ハービンジャー)

今年はこの3頭をピックアップします。

今年の募集では「ラスト・ディープを買わないと!」というような声も聞かれましたが、血統分析派はその先を見据えています。これからは「母父ディープをどう扱うか?」という時代。ぶっちゃけていえば、もうコントレイルという圧倒的な後継者が出てきてしまった以上、今からディープインパクト産駒を買うのは個別の馬に思い入れがない限り戦略的には微妙。

そういう時代の流れもあって注目したのがハービンジャー。「母父ディープインパクト」でソートをかけると、賞金上位ベスト10のうち3頭がハービンジャー産駒。さすがにハービンジャーがリーディングを獲るとか、そこまでの話ではないですが、ここから数年の間はハービンジャー産駒が存在感を示すことは間違いありません。

クルミナルの19は、長い目で応援して芝の中距離で4勝、5歳ごろに重賞制覇を期待してもいいと思います。

逆にサンブルエミューズの19は桜花賞出走が目標。東京か阪神のマイルG1で上位争いするシーンを期待します。

ロスヴァイセの19は芝かダートか自信はないですが、脚が巨体に耐えられればOPまではいってくれるでしょう。

あと上記の3頭の次点でシンハリーズの19はやはりいい馬。牝系の特徴も強く出ており、母年齢・馬体重で加点できなかったのでピックアップに入れませんでしたが、それでも高い評価をしたので無理を承知で初日に筆入りしました。

いや~、今年は絞り切れず、広めに筆入れしたんですが、まさかの全落。その可能性があるとは思ってましたが、正直クルミナルだけは絶対に獲れると思ってたのでさすがにショックを隠し切れません。

レイデオロの売却代金を振り込んでおきながら、馬への出資を全力で阻止してくるキャロットクラブ。毎週末、口座からお金を抜き去っていくJ●Aという団体よりは遥かに良心的な組織なんでしょうが、そんな口座残高だけ増やされても、ちょっとむなしいですぞ…。

(文=桜木悟史) @satoshi_style




←他のPOGサイトも見てみる


コメントを残す

必須欄は * がついています