POG一口馬主情報局

POG、一口馬主のための情報サイト。ドラフト型POG開催中。2歳馬、3歳馬の次走近況情報も掲載。キャロットクラブの出資馬の選び方や種牡馬別の配合や厩舎・調教師データなどを解説

モーリス産駒の特徴と配合パターンの分析

| 0件のコメント

産駒数・データ・成績

このページではモーリス産駒のデータや特徴、注目の配合について解説します(本記事は2021年2月時点の見解です)

繋養先

社台スタリオンステーション

種付数

2018年・245頭[400万]→2019年・212頭[400万]→2020年・163頭[400万]

主な活躍馬

ピクシーナイト[シンザン記念]
カイザーノヴァ[クローバー賞]
ルークズネスト[シンザン記念2着]


■産駒の傾向

おおざっぱにまとめると…

・勝ち星の中心は芝1600-2000m
・中央では1500m以上のダート勝ちなし
・ロベルト系らしく今のところ牡馬優勢
・母系にサンデーサイレンスは欠かせない

■注目すべき配合

<桜木の注目配合>
母父スペシャルウィークで末脚強化
母父ディープインパクトはアベレージ安定

まず母系にSSは欠かせない。執筆時点で獲得賞金上位ベスト20のうち、母系にSSを持たない馬は2頭のみ。

SS系繁殖との繁殖が安定しており、その中でも母父スペシャルウィークは勝ち上がり率が高い。

<母父別勝ち上がり頭数>
母父スペシャルウィーク 5頭/11頭中(.455)
母父ディープインパクト 7頭/25頭中(.280)
母父キングカメハメハ 3/9頭中(.333)
非SS系参考
※2018年産が対象。2021/2/5集計

母父スペシャルウィークは重賞出走のカイザーノヴァ・テンバガーを輩出。比較的、速い上がりを使えるタイプが多く、距離に融通がきく。

先日、未勝利戦を上がり1位で制したシーザリオの仔・ルペルカーリアも出世が見込める1頭だ。

▼テンバガー血統表
テンバガー血統表

▼ルペルカーリア血統表
ルペルカーリア血統表

母父ディープインパクトは有望

上記の比較をみると、母父ディープインパクトが良くないように映るがモーリス産駒全体と照らし合わせてると平均的なパフォーマンスを発揮している。

シンザン記念でピクシーナイトが重賞初制覇を果たしたが、この血統表を見るとHalo+Lyphardの組み合わせに目が行く。

Halo+Lyphardを持つルークズネストがシンザン記念で2着に入ってワンツー。ここに血統的な共通項がある点は見逃せない。

Halo+Lypardを併せ持つディープインパクトを母父に入る配合からは東京・阪神などで勝利を挙げた産駒が誕生しており、この組み合わせも重賞級のポテンシャルがあるはずだ。

▼ピクシーナイト血統表
ピクシーナイト血統表

▼ルークズネスト血統表
ルークズネスト血統表

(文=桜木悟史) @satoshi_style

バックナンバーはコチラ

←他のPOGサイトも見てみる


コメントを残す

必須欄は * がついています