POG一口馬主情報局

POG、一口馬主のための情報サイト。ドラフト型POG開催中。2歳馬、3歳馬の次走近況情報も掲載。キャロットクラブの出資馬の選び方や種牡馬別の配合や厩舎・調教師データなどを解説

マリアライトの2019(カルセドニー)評価【キャロットクラブ募集番号95】※追加募集

| 0件のコメント

当シリーズを初めてご覧になられる方はまず こちら に目を通して頂けると幸いです

<出資馬選びの方向性>
・募集価格に対する回収率を重視(目標200%)
・クラブ内世代トップ10入りを目指せるか?
・重賞出走を目指せるレベルか?

<主な分析ファクター>
・血統・配合、種牡馬傾向、性別傾向
・出生時の母年齢
・DVDでの動き(故障・怪我のリスク)



マリアライトの2019

父:ロードカナロア
母:マリアライト(8歳)
母父:ディープインパクト

5代目までのクロス:Kingmambo 3×4

メス

募集金額:5,000万円
預託予定:美浦・久保田貴士厩舎

クリソプレーズの牝系は、ダートの一流馬を数多く輩出するなど、サドラーズギャルがかなりパワーを遺伝させます。そういう視点もあり、父系にスピードのある馬を持ってくるというのが配合の大きなテーマです。

「ロードカナロア+Sadler’s Wells」はサートゥルナーリアやキングオブコージを輩出。ただし牡馬と牝馬で活躍している距離は異なるようで、牝馬は2000m以下での活躍が目立ちます。長兄のオーソクレースがいきなりG1・2着に来ていることからマリアライトが繁殖として優秀であることを考えれば、牝馬3冠のような王道コースではやや見劣るものの、少しズレた条件(1400mや1800m)では力を発揮できそうな配合です。

結局、本馬に関しては、誰も見てもわかる小さな馬体をどう判断するかに尽きます。常識的に考えれば1月生まれで396kg。厳しいのは間違いなく、それをもって見送るべきと書くのは簡単ですが、そこを辛抱して出資した人が10年後ぐらいに笑えるのがキャロットクラブ。そこまで見据えるなら、出資してもいいかもしれません。

これは完全に余談ですが、たとえばボージェストの19と比較した場合、ボトムラインにダート適性がある分こちらのほうがアワブラッドとしては魅力的と言えます(ドレフォンなどのアメリカ系種牡馬をつけられる)。そこまで考えるとキリがないですが、会員の胆力を試している1頭と言えそうです。

(文=桜木悟史) @satoshi_style
——————————————

※母名の横の( )内の数字は本馬出生時の母馬年齢
※出資判断はご自身の責任でお願いいたします。責任は負いかねます
※写真などはクラブの許可を得て掲載しております

▼2019年産の他の診断も見てみる
http://pog-info.com/archives/category/clubhorse/carrot2019



←他のサイトも見てみる


コメントを残す

必須欄は * がついています