POG一口馬主情報局

POG、一口馬主のための情報サイト。ドラフト型POG開催中。2歳馬、3歳馬の次走近況情報も掲載。キャロットクラブの出資馬の選び方や種牡馬別の配合や厩舎・調教師データなどを解説

【フリスタPOG2021-22】指名理由・応援メッセージを募集します

| 9件のコメント

※指名馬一覧[馬名,性別,父母]はこちら
※POGスタリオンのURLはドラフト送信元のアドレスにお送りします
※クラブ馬POGも指名理由募集中
———————————–
さて毎年恒例の「指名理由大募集」です。

去年の皆さんの指名理由はこんな感じ
https://pog-info.com/archives/9384

個人的にはドラフト戦略自体はうまくいったと思いこんでましたけど、馬を見る目が一切なかったという大反省のシーズンでした。むしろ獲れなかったモントライゼやカイザーバローズのほうが走ってますからね(汗)順位づけさえ間違えなければ1万ポイントぐらいのブレがあったわけで、順位付けのところも良くなかったですね…。

それに懲りずに今年もPOGを開催している訳ですから、ひさしぶりに管理人としての存在感を示したいところ。

皆さんの指名理由・応援の意気込みもお聞かせください!

この記事へのコメントという形で募集します(長文だとエラーになるケースもあるのでご注意を)

※コメントを頂いたのち、管理人の方で色付けなど一部編集させて頂きます。予めご了承ください

【コメント例】

サトノヘリオス(母エアマグダラ)
ドラフト下位なので、いかにチームの中心になりうる牡馬を獲れるかというのがテーマなんですが、まずは「“いわくつき”のタイタンクイーンはもしかしたら敬遠されるのでは?」という発想から入り(全然そんなことなかったw)、そこで盲点になるのは同厩の存在だろうと。そこで白羽の矢が立ったのが同馬。エピファネイア産駒は実績と人気が伴ってない印象で、このあたりを大胆に攻めないと上位浮上はないだろうとの作戦です。

ヴァーンフリート(母ロスヴァイセ)
父はリオンディーズですが、デアリングタクトに代表される「キングカメハメハ+シーザリオ+シンボリクリスエス」の3点セットですからね。ちょっと脚元にリスクはありそうですけど、この時期から始動できるなら信じます。

ロードリライアブル(母エンジェリックレイ)
今年は血統分析の時間が足りず、このあたりから馬体を見て、その後に配合的に良さげな馬をチョイス。「ハービンジャー+母父ダイワメジャー」は絶対いいと思うんですよね。清水厩舎のハードトレで磨きがかかりそうな1頭。

カレンブルーローズ(母カレンタントミール)
これだけバゴが走ってるなら指名したくなります。「非ノーザンは走らない」、確かにそうかもしれないが、筋肉に惚れました。

コルティーナ(母ワナダンス)
この馬はキャロットの抽選外れた馬なんですが、2月ぐらいの調教の動きを見て「ディープかな」と思うぐらい跳んでたので期待度が高い1頭です。

サーマルウインド(母ラフィエスタ)
出資馬。ドラフト送った直後に頓挫して「Oh…」って感じです(涙)

スリーパーダ(母シンハリーズ)
フリスタPOGだと、毎年シンハリーズは人気なんですが、今年はなぜかスルーされていたので拾うことに。個人的にはミッキーアイルは評価の高い種牡馬なんで、補充で獲れたのはありがたや。

カルネドボヤージュ(母ラフォルジュルネ)
ここまでキャロ4連続指名ということでおわかりのように、キャロ以外の情報が尽きてキャロの良さそうな馬を拾う作戦に切り替え。出資馬の仔なのに出資してないんですが、やたら杉山先生が吹いているので、POGぐらいは指名してないと悔しい思いをしそうだったので指名(笑)

フラップシグナス(母ウララカ)
今年も指名しますよ、ローエングリン!これもおそらく今年がラストイヤー。母ダノンフローラと迷いましたが、こっちのほうが馬格がしっかりあって、走るとしたらこっちかなと思い本家はこちらをチョイス。
――――――――――――――――――

去年が散々な成績だったですし、今年は十分な準備をして臨めたシーズンではないですが、この世代のキャロット軍団のデキはよく、5頭固め撃ちしたからには当たりは混ざっていると信じてますが、はたしてどうなるでしょうか。1年後の答え合わせを楽しみにしたいと思います。

それでは皆さんからのご投稿、心よりお待ちしております!




←他のPOGサイトも見てみる


9件のコメント

  1. 桜木さん、皆さん、ご苦労様です。

    2021-2022シーズンの指名理由です。いつもの上位4頭中2頭獲れれば作戦で2頭GET。本指名では2〜3頭しか獲れないかも、、、と思っていたんですが5頭獲れて安堵した、というドラフトでした。ただ、補充指名で良さそうな馬を獲っていったら牝馬偏重になってしまったのは迂闊でした。

    01.コリエンテス(母イスパニダ)
    現場の評価が高く、空港のエース。しかも、キレっキレだの飛んでるだの、成長曲線は想像を上回るもの、、、なんてコメントをみれば1位で指名すべきだろうと。初仔で堀厩舎というのが引っ掛かりますが、ディープ産駒最終年の1位はこの馬としました。今のところ順調そうで何よりです。

    02.レディナビゲーター(母レディスキッパー)
    netkeibaでも早くから高評価で紹介されており、ハーツ産駒ながら6月デビューという状況やリスグラシューと遜色ないというコメントから指名。デビュー戦は2着でしたが次走勝ち上がりは大丈夫かなと。

    03.モネータドーロ(母ペイトンドーロ)
    先にデビューしたコマンドラインよりも牧場では時計を出しており、ノーザンFの中尾さんが隠し玉として紹介されていたので指名しました。昨年はシュネルマイスターを推されていた様なので期待大です。

    04.ウィズグレイス(母カラライナ)
    どんどん良くなっている最中との事なので、少し時間を掛けて、春にはキッチリと戦線に顔を出してくれれば良いという感じで指名。最近、社台Fからこのパターンが見られるので乗って見ました。

    05.アンジーニョ(母ポルケテスエーニョ)
    スピードがあって走る事に真面目、父が同じミッキーアイル。てな事でメイケイエールをイメージし指名。まだ成長中みたいなんですが、夏の小倉2歳Sに出て来れば良いかなと。

    【ここから補充指名】

    06.アイスランドポピー(母オリエンタルポピー)
    所謂、マラソン馬の一頭。エピファ産駒が2年続けて爆発している事と、相性の良いエピファ×キンカメってのも後押ししており指名。

    07.ウインエクレール(母サマーエタニティ)
    初ウインです。ノーザンF以外でのディープ産駒では、こういう馬がステップレース辺りを獲っていくんじゃないか?という妄想から指名。

    08.オールユアーズ(母アイムユアーズ)
    まだ目一杯調教はしてないけどスピードはなかなかとの事。あまり身体は強くないっぽいんで、年内デビューして上手く勝ち上がってくれたら良いな、という思いで指名。

    09.スマートシンパシーの19(母スマートシンパシー)
    岡田牧雄さん、壮史さん親子大賛辞の一頭。スピードがあるのは勿論、心配機能が尋常じゃ無く、凄まじいエネルギーの持ち主、走りは芝向きとのコメント、、、まぁ、父ベーカバドに母父ダンスインザダークですからねぇ、期間内に走ればラッキーの完全バクチ枠です。何だかんだで今年1番気になる馬です。

    10.レッドアクトゥール(母レッドリヴェール)
    牡馬が欲しくて他の馬と迷ってましたが、初時計が良かった事もあって指名しました。上は未出走で引退してますが、馬体を見ても健康そうだしポイントは稼いでくれるかな、と思っています。

    2020-2021シーズンはダメだろうなと思いながら、結果的に2年続けて良い成績でした。これもバクチ枠のおかげです。

    今期も来期以降を踏まえたラインナップにしてみましたが、吉と出るか凶と出るか1年後を楽しみに応援していきたいと思います。今期も宜しくお願いします。

  2. 昨シーズンは抹消馬が3頭、2勝クラスが1頭と散々な成績でした。

    今シーズンはディープインパクト産駒が事実上の最終世代ということでディープ固めでいくことは早くから決めてました。ドラフトで5頭も確保できたのは上々の出来でした。

    ロムネヤ(母ヤンキーローズ)
    馬体重の軽さだけが気になりますがセレクト高額で国枝ー金子ライン信頼

    アスクヴィヴァユー(母バディーラ)
    ダノンプラチナの全弟 こちらも藤原ー廣崎ライン信頼

    グランドスラムアスク(母ジェニサ)
    牧場、厩舎ともに絶賛のコメントしか聞こえてこない 大物の予感

    アイキャンドウイッ(母ビーコンターン)
    馬名は私の好みではないのですが、母がシンハリーズの一族なので期待

    ロールアップ(母ティズウィンディ)
    北海道セレクションで落札された隠し玉ディープ

    スカーレットオーラ(母ダイワスカーレット)
    父ロードカナロア 中内田厩舎ということでいよいよ母から大物誕生?

    パワーブローキング(母ピクシープリンセス)
    ゴドルフィンのアメリカンペイトリオット産駒が勝ったので緊急指名w

    カイザー(母ヴィヴィッドカラー)
    脚部不安だった父にこんなキツいクロスで大丈夫かと思いますが牧場サイドのコメントを信頼

    ヴィンテージボンド(母ヴィンテージドール)
    ディープ産駒があらかた指名されたので代用としてキズナから1頭チョイス

    タイセイアンセム(母タイセイララバイ)
    オルフェ×クリスエスにサンデーのクロス 過去に指名したオーソリティの再現を狙います

    追伸:ヴァーンフリートの勝利おめでとうございます 血の繋がりはないですがローエングリンと同じワーグナー繋がりの馬名ですね

  3. 桜木さんはじめ皆様今シーズンもよろしくお願いします。

    1.アライバル(母クルミナル)
    本当は2位くらいで狙っていたのですが、甘くなかったです。今年クラシックにのったククナの下です。厩舎も今年ダービーにタイトルホルダーを出走させており、期待できる厩舎だと思います。

    2.サンドレス(母ツルマルワンピース)
    ブラストワンピースの下です。母スタセリタの次に牝馬で気になる馬です。早くから出走できそうです。桜花賞、オークス どちらもいけると思います。

    3.グランアプロウソ(母フィドゥーシア)
    短距離枠の指名です。血統良くわかりませんが、理由は見た目とノースヒルズだからなだけです。芝馬であることを祈ります。

    4.シゲルイワイザケ(母ボンジュールココロ)
    シゲル名義なのにセレクトセールで結構な高値なのが気になり指名しました。シゲルピンクダイヤ以上の活躍期待します。

    5.キャンプロック2019
    ディープインパクト産駒どうしても欲しかったので指名しました。そんなに大きくないみたいですが、ストライド大きそうなのと、矢作厩舎、野田みづきオーナー、ノーザンファーム生産に期待です。同厩のライバルたちに負けないよう頑張って欲しいです。

    6.ゴーシェナイト(母モルガナイト)
    今シーズンで最後になるキングカメハメハからほしくて指名しました。半兄にブラックスピネルがいて、募集価格も結構いい値段だったので信じて指名しました。只掲示板情報だと入厩前に熱発したみたいです。NHKマイルあたりに期待します。

    7.ロムレーン(母シルバーバレットムーン)
    モーリス産駒です。見た目距離延びてもいけそうな気がしてます。金子オーナー、堀厩舎の割りに目立たないので逆に期待したいです。

    8.キングズパレス(母ドバウィハイツ)
    キングカメハメハ産駒1頭だけの予定でしたが指名しました。全姉リバティハイツもクラシック出走しましたし、半兄ランドオブリバティも4コーナーどっかいっちゃわなければ、結構良いところ行けたと思います。厩舎がちょっとですが、評判通りの活躍期待します。

    9.シラキヌ(母MeetsExpectations)
    ダーレー今シーズン活躍しそうなので指名しました。この馬とダイモンジ、パワーブローキング、デヴィルズマーヴルが気になります。この馬も芝馬であることを祈ります。

    10.クワイエットホーク(母ウイングステルス)
    ハーツクライ産駒で指名できる馬探して見つけました。金子オーナー、藤原厩舎、ノーザンファーム生産、セレクトセールでもOCD手術してても8800万円なら期待できそうです。セレクトセールの映像YouTubeで見たのですが、前後バランスはわからないですが、歩いている感じは雰囲気あると思います。

    最初4頭しか指名出来なく焦りました。最近競馬より競輪のが好きであまり準備してなかったので。

    自分が2位になった時も補充どころか、交換指名したダノンキングリーの活躍があったので、ベストテンには入りたいですね。先ずは全馬デビュー、抹消なしで頑張って欲しいです。よろしくお願いいたします。

  4. みなさんこんばんは!今期もよろしくお願いします。

    1・ダノンフォーナイン(母タミーザトルピード)
    ディープ産駒の獲り放題も今期で終わり。やっぱり1位はディープでとは思いつつも逆ウェーバー6位では今期の人気1,2位を争うディープ産駒の二騎の獲得は無理とみて目をつけたのがこれ。フォーナインって49だとばっかり思っていたら99,99って意味らしいですね。ほぼ100%ダービー馬になるか?それとも100%走らないかのどっちかでしょうか?

    2・スタニングスター(母スタセリタ)
    ここのPOGで偉大な姉ソウルスターリングを指名できて以来お世話になっております。姉ほど良い情報は聞こえてこないのですが、秋ぐらいには姿を見せてくれる事でしょう。

    3・アスクオンディープ(母カラズマッチポイント)
    馬体写真を見ると妙に後肢が長い。あんまり好みの体型ではないのですが、走らせると後肢のケリが強くて他の馬の1,5倍も砂が跳ね上がっているらしい。よく水泳競技でバタ足をする時にあまり水しぶきが出ない方が良いって聞きますが、これと同じ原理で空振りしていなければいいのですがね。

    4・ブレスク(母パララサルー)
    前回はワンダフルタウンで夢を見られましたので。今期もルーラーの仔を。なかなかの評判馬のようです。立姿もグッドかと。

    5・アップデート(母ラヴィアンフルール)
    3本のクロスが入っているんですが、なんと我がレジェンド馬のマルゼンスキーの5×4が入っております。スピードとパワーある持続力・・・・楽しみにします。まさか脚部不安の5×4じゃないですよね(笑)

    6・コンジャンクション(母グリューネワルト)
    これもルーラーです。体型も好みです。馬名がちょっと躓きそうなイメージですが・・・・。

    以下補充指名

    7・馬名未定(母プレミアステップス)
    セリでなんと5億!購買者は藤田晋さん。話題作りにはもってこいで、広告経費として5億なら逆に安いかもですが公開調教でラスト10,4は立派です。

    8・サトノソラーレ(母シャーラレイ)
    なかなかの血統馬らしいです。馬体写真を見るとまだまだ幼く可愛い感じで、この馬に人が乗っても大丈夫か???って思うくらいの仔ですが秋以降が楽しみです。

    9・サトノクラージュ(母エオリアンハープ)
    なんの情報もありません。母の馬名が気に入って選んだようなもんです。

    10・キングレリック(母ドリームオブジェニー)
    最後はもう一頭牝馬をと思い、Kカメ産駒もそろそろ終わりでは?とKカメ産駒の牝馬を探していたのですが、ついつい牡馬に目がいってしましました。結構ファイト一杯の仔らしいです。

    今期で一頭、これは秘密兵器だと思っていたのがラズベリームースでした。案外下位で獲れるだろうと高を括っていたのが見事上位で獲られてしまいました。初戦なぜか1400mなんて距離で走らされて、最後鋭く追い込んできたものの5着。1800mあたりでの二戦目なら楽勝でしょう!

  5. 2年振りの復活ドラフト自分なりに楽しめました。一年間宜しくお願いしますm(_ _)m

    今期の目標:全馬デビュー10勝以上

    フェニックスループ(父キングカメハメハ 母マルセリーナ)
    最終世代のキングカメハメハ産駒。母父ディープインパクトから一頭!全兄のヒートオンビートの本格化は、4歳になってからも、この馬は今週デビュー。ただし、最初追い切りに乗ってた、祐一に先約有り、戸崎で府中遠征…やや不安残るが…

    アドマイヤラヴィ(父ロードカナロア 母アドマイヤミヤビ)
    アーモンドアイ、ステルヴィオ、サートゥルナーリアと、デビュー1.2年の活躍馬以降3.4歳世代は不振のロードカナロア産駒。アーモンドアイが結果出し始めた後の種付け世代だけに、巻き返し期待!ロードカナロア=ハーツクライは、地味にニックス

    リューベック(父ハービンジャー 母ライツェント)
    今年は、ハービンジャー産駒の当たり年。その中から、金子セレクト。基本的に、金子さんの活躍馬は自家生産馬中心。あまり、セレクト馬は走ってないが、億越えより5000万〜8000万クラスの方がディープインパクト始め走ってる。GⅠ馬の全弟で、金子セレクト6600万は、ドンピシャリ❗️

    プルパレイ(父イスラボニータ 母マイジェン)
    新種牡馬イスラボニータから一頭。奥手っぽいゴルシの半兄サトノゴールドでも札幌2歳S2着なら、いの一番デビュー勝ちのイスラボニータに変われば、札幌2歳S勝ち位狙えないか?北海道デビュー見込んだが、強敵揃いの今週府中マイルデビューは、誤算(^_^;)

    ダノンスコーピオン(父ロードカナロア 母レキシールー)
    ケイアイF生産=庭先ダノン=安田隆行厩舎…ダノンザキッドと同じ。POG本の情報少なかったけど、聞けば担当もカナロア、カレンチャン、ダノンスマッシュの岩本助手ならもう鉄板でしょ?

    ジャスティンパレス(父ディープインパクト 母パレスルーマー)
    桜木さんと同様に、母タイタンクイーンは、ブラックオーナーで回避と思って低めの指名で、ドラフトでディープ取れずで補充1頭目指名。やや小柄で、本格化も秋以降との話も、新規馬主ABCマート三木さん=売出し中若手調教師杉山晴紀師のジャスティンの期待馬。

    メリトクラシー(父シルバーステート 母メリオーラ)
    新種牡馬シルバーステート産駒から当週デビューで指名!母父の戦績から1200mデビューも、父のポテンシャルからマイルまでは、持つと見た

    マインフリューゲル(父ルーラーシップ 母ヴィラ)
    母父ディープから、もう1頭。今期活躍馬、ステラヴェローチェ(父パゴ)、ワンダフルタウン(父ルーラーシップ)、ルークズネスト(父モーリス)、アドマイヤハダル(父ロードカナロア)…の下が候補。ダート馬の可能性高いドレフォン産駒オミットすれば、ルーラーシップとモーリスの二択。ダービー狙いでルーラー産駒

    レディベル(父キズナ 母レディインディ)
    牝馬が少ないので矢作厩舎でまだ残ってた、ディープ牝馬母カウアイレーンと二択。重賞馬バスラットレオン=日髙=矢作厩舎=キズナ産駒でドラフト指名も逃した母ミスペンバリーに替わってこの馬指名

    ヴァレプロフォンダ(父ディープインパクト 母ヴァレリカ)
    最後の穴馬で、友道師が嘆願したって噂のワラウカドの母ポウリナズラヴ狙ってたのが、指名されちゃった。。それなら、情報皆無も所属厩舎が判明しているダーレーディープ指名

    ドラフト不発も、是非取りたかった馬
    スパイダーバローズ(父ハーツクライ 母マラコスタムブラダ)
    2年ドラフト制POG参加出来なかった間に参加のドラフト30名サイトで指名で4位になった原動力レシステンシアの半弟。ラストディープ、ラストキンカメ横目にハーツクライなんてね…

  6. 桜木さん、こんばんは。皆様、今シーズンも楽しみながら来年のクラック目指しましょう!!
    毎年、ドラフトでは5頭以上すんなり取れたことがありません(汗)今年は、ディープとカナロアを中心構成にしました。

    ダノンギャラクシー
    この血統には、そろそろ一発あってもいいのでは?と思っています。サイズ的にも、小さすぎないのもいい傾向です。

    ミルヴィオ
    確実に走る血統。どちらかと言うと、3歳秋頃から力付けるイメージなので期間中2勝を希望です。

    クロステック
    マイルでこその血統。NHKマイル勝利候補で。

    パンドレア
    勝手にアーモンドアイみたいにならないかと期待。母のポテンシャルを引き継いでいて欲しい気持ちです。

    ジュエルラビシア
    藤沢厩舎のディープ。順調そうなんで、夏デビューして秋から冬に大きいところ狙い。

    ルヴェルディ
    全兄は、ポンポンポンと勝ち星を重ねたので、弟もと思っています。調教師に期待。

    プレミアスコア
    私の出資馬。募集時の評判の悪さは、相当でした。今では、トレセンに入厩しゲート練習中。来年のオークスに出走してくれてると思ってます。

    ダノンフロイデ
    ダノンキングリーの弟ですが、もしかしたらダート馬?ダートでコツコツポイント稼いでくれそうなので期待です。

    ベヴィアーモ
    穴馬としてチョイス。この夏にはデビューしそうなので、速攻型で期待の指名です。

    クロンマクノイズ
    母も晩成血統である事から、秋以降のデビューかも知れない。この厩舎は、ルメールを乗せると期待値大。誰が乗ってデビューするかも楽しみの一つ。

  7. こんにちはLONSDALEです。昨年度はなかなか成績が頭打ちで辛い成績に終わりました。
    しかし今年度はちょっと見直していい産駒を選べたんじゃないかと思います。では以下に指名しました10頭について書かせて頂きます。

    ダンテスヴュー(母クロウキャニオン)
    ヨーホーレイクの半弟、お父さんがディープからキンカメになってどうでしょうか。初仔がキンカメで5勝してるので期待しています。

    エリカヴィータ(母マルシアーノ)
    母はフジキセキの仔で兄がキンシャサノキセキ。マイル向けで仕上がりも早そうです。

    ショウナンハクラク(母ショウナンアデラ)
    国本オーナーで父はFrankel。母が2歳GIホースで彼女も早々にデビューらしいです。期待が膨らみます。

    ピエドラデルーナ(母スイープトウショウ)
    キタサンブラックの初年度産駒。この一族はどうしても欲しい一族で、中でも一番期待できそうなのがこの馬。

    サトノゼノビア(母クイーンカトリーン)
    姉がFrankel産駒で惜しいところなかなか勝てないですが、ディープ産駒で国枝厩舎の彼女は頑張ってくれると思います。

    ラスール(母サマーハ)
    キタサンブラックの初年度産駒、パート2。今は亡きシャケトラの半妹です。こちらは藤沢和雄調教師の最後の年度の一頭。ぜひぜひ頑張って欲しい一頭です。

    キングエルメス(母ステラリード)
    矢作厩舎から一頭保持したいと思いました、短いところで狙えるのを期待しています。初戦なんとか(>人<;)

    ここから補充指名です。

    ダノンブリザード(母コンクエストハーラネイト)
    オールタイムハイ(母ミリアグラシア)
    補充指名となっていろいろ調べて、牡馬が少ないと思ったので、取られていない馬達をリストアップしたら、まずこの2頭があがあがりました。2頭ともに池江厩舎で、入厩していたのですが………再び放牧に出されました。

    アスクドゥラメンテ(母プラウドスペル)
    ここまでディープからドゥラメンテ産駒にチェンジ。ここまでほぼ全ての産駒が勝ち進んでいた素質を買って指名しました。

    以上が指名10頭です。どうぞよろしくお願いいたします。

  8. 桜木さん、みなさん、お世話になっております。振り返れば誰もいなかった昨期、今期はある程度楽しめる成績にはしたいと思っています。

    自分の情報収集は「赤本」と「ザッツPOG」が主になります。今回はドラフト順位が厳しいので、前評判の高いディープインパクト産駒はまず無理であろうと、ディープインパクト産駒はそこまで評判の高くない馬を3~7位に並べてみました。結果、補充を含めディープインパクト産駒が6頭、音無厩舎が3頭、世界的良血馬が1頭、と楽しめそうな指名になりました。簡単ですが各馬についてコメントします。

    ソクラテス(母ブルーダイアモンド)
    ザッツPOGで井崎先生が推奨、アリストテレスの下で父がドゥラメンテに変わり更に期待大。馬名も面白いです。音無厩舎のダービー制覇に期待です。

    ×フィデル(母:ラッキートゥビーミー)
    赤本で須田氏のイチオシ、ハーツクライ産駒なので獲得できるかと思いましたが・・・

    ゲーテ(母:プラスヴァンドーム)
    ソクラテス→フィデル→ゲーテ 人名の馬を並べてみました。 キーファーズでは牝馬マイシンフォニーの評判が高いですが、牡馬ではこの馬ではないでしょうか。

    フォーグッド(母:ウィキッドリーパーフェクト)
    今シーズンの目玉といわれているコマンドラインと同じ国枝厩舎から検討しまし た。馬名(永久に)にひかれて指名しましたが、残念ながら・・・

    ホウオウカグヤ(母:メリッサ)
    ディープインパクト産駒の牝馬、血統に面白いところあり、ホウオウ○○も最近の活躍著しい、ということで指名しました。(桜木さんからコメントいただき期待が更に高まりました)鳳凰輝夜 鳳凰神楽耶 なんて文字が新聞紙上を飾る時がくるでしょうか。

    ディープグラビティ(母:スターシップトラッフルズ)
    社台ファームのディープインパクト産駒、母は北米で14勝の女傑、短いところでの活躍もありかなと選びました。

    サトノアヴァロン(母:サトノシュテルン)
    須貝厩舎のディープインパクト産駒の牡馬、無理かなとも思いましたが皆さんの盲点だったのでしょうか。早目の始動もあるようで、サトノの今年はこの馬がエースだと思います。

    インブレッドセンス(母:セブンスセンス)
    ブルーロワイヤル(母:アナスタシアブルー)
    音無厩舎のダービー制覇を期待して、同厩舎のハーツクライ産駒、キングカメハメハ産駒から選びました。ソクラテスと合わせ音無三本の矢です。

    フライシュッツ(母:ラクレソニエール)
    父母ともに欧州GⅠ馬、世界水準の良血馬の走りやいかに。

    追加指名
    ルージュスティリア(母:ドライヴンスノー)
    ディープインパクト産駒の牝馬が思いのほか残っていましたね。ディープインパクト✕ストームキャット、藤原厩舎と期待できる要素大いにありです。

    ファベル(母:ボウリナズラブ)
    ディープインパクト産駒の牡馬、赤本、ザッツPOGでもほとんど取り上げられていませんでしたが・・・。パカパカファームのラストディープに賭けてみます。

    獲得できなかった馬も含めコメントしてみましたが、あらためて指名馬をみると今期よりは間違いなく上位だなと確信しています(笑)。あらためまして、よろしくお願いします。

  9. 桜木さん、参加者の皆さま、今年もよろしくお願いします。
    昨季はステラヴェローチェの孤軍奮闘のおかげで上位に入ることができましたが、故障リタイアの指名馬が数頭いたのが勿体なかったですね。

    1位 トゥデイイズザデイ
    昨季の交換指名馬ヴィヴァンの下。牧場で「二枚は抜けている」「兄以上」と言われる評価の高さとケガに泣いた兄のリベンジの意味合いを込めての指名です。

    2位 キラーアビリティ
    前評判の高いNF産ディープインパクト産駒から完成度の高い馬体と早期始動が見込める本馬をセレクト。外れ1位のつもりでリストアップして獲得に成功できたのでラッキーでした。

    3位 カラパナブラック
    春を迎えてから馬が別馬のように著しく良化したとの情報を知りリストアップ。最終世代のキングカメハメハ産駒で金子オーナーの自家生産馬もプロフ的に胸熱です。

    4位 アートハウス
    牧場のYouTubeでも別格扱いされていて、各媒体でも「トップクラス」「なかなか手掛けられないレベルの馬」との文言が踊る期待馬を単独指名。昨季単独指名だったステラヴェローチェと同様にクラシック戦線を席巻してほしいですね。

    5位 グランディア
    POGに向かない血統ですが、育成で相当乗り込まれ既にゲート試験合格と早めのデビューが見込まれると知りチョイス。牧場の評価が高く「母の1番馬になれる逸材」との情報に賭けます。

    ここから補充指名馬
    6位 グットディール
    早い時期に栗東坂路49秒台を計時した本馬が残っていたため速攻枠&昨季お世話になった須貝厩舎枠で指名。新馬勝ちを期待するも実戦で案外。滞在競馬での臨戦過程が不向きに思えたので今後の立直しに期待です。

    7位 フォーブス
    千代田牧場産のディープインパクト産駒には過去何度も騙されましたが、藤原英厩舎に入厩したとの情報を知り懲りずに指名。1歳時に2歳馬と互角に動いていたなど育成の評価も高いとのことですが、果たして・・

    8位 アカデミー
    千代翁さんとタッチの差で獲得。個人的に相性のいいグレースアドマイヤの牝系で上2頭より馬格があり6月中に入厩見込みと知り指名。角居イズムの継承者で開業2年目の今年既に馬房数以上の勝利を挙げている吉岡師の手腕に期待します。

    9位 ブラックボイス
    垢ぬけた大物感のある馬体に惚れ込みリストアップ。ディープの黄金配合を全兄でどう出るか。こちらも開業2年目でダービー出走馬を出した新進気鋭の宮田厩舎からの指名です。

    10位 サイルーン
    ゴドルフィンやドナブリーニ、ライフフォーセールなどのミリオンホースを検討しましたが、ディープインパクト産駒事実上の最終世代ということで、金子オーナーのディープ産駒自家生産馬から残っていた情報皆無の本馬をセレクト。年内デビュー出来れば万々歳、数少ない出走数でクラシックを目指すのは承知の上での指名です。

コメントを残す

必須欄は * がついています