POG一口馬主情報局

POG、一口馬主のための情報サイト。ドラフト型POG開催中。2歳馬、3歳馬の次走近況情報も掲載。キャロットクラブの出資馬の選び方や種牡馬別の配合や厩舎・調教師データなどを解説

アディクティドの2020(父ロードカナロア)評価・競走馬情報【キャロットクラブ募集番号45】

| 0件のコメント


当シリーズを初めてご覧になられる方はまず こちら に目を通して頂けると幸いです

<出資馬選びの方向性>
・募集価格に対する回収率を重視(目標200%)
・クラブ内世代トップ10入りを目指せるか?
・重賞出走を目指せるレベルか?

<主な分析ファクター>
・血統・配合、種牡馬傾向、性別傾向
・出生時の母年齢



アディクティドの2020

父:ロードカナロア
母:アディクティド(14歳)
母父:ディクタット

5代目までのクロス:Northern Dancer5x5, In Reality 5×5

メス

募集金額:4,400万円
預託予定:栗東・高野友和厩舎

アディクティドの仔の評価はなかなか難しく、2年前は「牡馬の仔は走る」という見立てから×2で半兄ヴェルナーに申し込みをして現在未勝利。キンカメ系との相性は悪くないでしょうが、今回は牝馬が出た点がこれまでの実績的にはやや不安。

そして筆者が気になったのはロードカナロアに替わったことでIn Realityのクロスが発生した点。In Realityは身体の締まりが強くなる効果をもたらすので、これがクロスすることによって短距離・ダート向きになりやすい傾向があります。

実際、母系にIn Realityを持つ馬だとレッドルゼル[根岸S]や短距離OPのメジェールスーなどが代表例として挙げられます。これらの傾向から本馬の距離適性は1400mぐらいが上限となる可能性が高そうです。

牝馬なので1400mぐらいまで走れるならそこまでの減点材料にはなりませんが、兄姉のイメージで申し込みをするとその期待は裏切られる可能性がありそうですので、この点は注意したいところです。

(文=桜木悟史) @satoshi_style
——————————————

※母名の横の( )内の数字は本馬出生時の母馬年齢
※出資判断はご自身の責任でお願いいたします。責任は負いかねます
※写真などはクラブの許可を得て掲載しております

▼2020年産の他の診断も見てみる
http://pog-info.com/archives/category/clubhorse/carrot2020



にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ ←他のサイトも見てみる


コメントを残す

必須欄は * がついています