POG一口馬主情報局

POG、一口馬主のための情報サイト。ドラフト型POG開催中。2歳馬、3歳馬の次走近況情報も掲載。キャロットクラブの出資馬の選び方や種牡馬別の配合や厩舎・調教師データなどを解説

バウンスシャッセの2020(父エピファネイア)評価・競走馬情報【キャロットクラブ募集番号9】

| 0件のコメント

当シリーズを初めてご覧になられる方はまず こちら に目を通して頂けると幸いです

<出資馬選びの方向性>
・募集価格に対する回収率を重視(目標200%)
・クラブ内世代トップ10入りを目指せるか?
・重賞出走を目指せるレベルか?

<主な分析ファクター>
・血統・配合、種牡馬傾向、性別傾向
・出生時の母年齢



バウンスシャッセの2020

父:エピファネイア
母:バウンスシャッセ(9歳)
母父:ゼンノロブロイ

5代目までのクロス:サンデーサイレンス4×3, Sadler’s Wells・Fairy King4x4, Hail to Reason5x5

牡馬

募集金額:8,000万円
預託予定:美浦・手塚貴久厩舎

募集が始まってから一貫して高い評価をつけていないバウンスシャッセの仔ですが、今年も高い評価をつけません。

「母父ゼンノロブロイ」は…(以下略)。もうこのサイトを読んでいる常連さんはこの話を聞き飽きているかと思うので割愛しますが、その話はデータ面だけでなく、実際に半姉グランワルツを見てみると、その気性面の難しさがわかるかと思います。

たとえば21年6月26日の未勝利戦をみると、最後の直線まではいい感じなのに1着馬に交わされた瞬間にかなり減速していることがわかるかと思います。その前の4月24日の新潟での未勝利戦も最後はいい感じに伸びてきて突き抜けそうなところから一気に6着まで落ちる。

つまり前が壁になったり、最後に外から交わされると競馬をやめるような気性の難しさがついて回るのが「母父ゼンノロブロイ」の難しさ。

母父ゼンノロブロイの代表格・ハイランドピークも全6勝のうち3勝がスタートから先頭譲らずの逃げ切り勝ち。それ以外の勝ち星もプレッシャーが少ない競馬で、逆に好スタートを切れないとまったくいいところなし。こういう傾向があると知っておくことは大切かと思います。

バウンスシャッセに関しては、牝系のリッチダンサーもそういう極端な傾向があるので、一概にゼンノロブロイに全責任を負わせるのは可哀想なのですが、いずれにしても気性的に難しい血が大集結。そこに足を溜めて大爆殺させるのが売りなシーザリオが加わるのですから、育て上げるのに相当苦労するだろうなというのが筆者の評価。

筆者自身のリッチダンサー一族との相性の悪さもありますが、手を出さない方が賢明だろうなという評価です。

(文=桜木悟史) @satoshi_style
——————————————

※母名の横の( )内の数字は本馬出生時の母馬年齢
※出資判断はご自身の責任でお願いいたします。責任は負いかねます
※写真などはクラブの許可を得て掲載しております

▼2020年産の他の診断も見てみる
http://pog-info.com/archives/category/clubhorse/carrot2020



にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ ←他のサイトも見てみる


コメントを残す

必須欄は * がついています