POG一口馬主情報局

POG、一口馬主のための情報サイト。ドラフト型POG開催中。2歳馬、3歳馬の次走近況情報も掲載。キャロットクラブの出資馬の選び方や種牡馬別の配合や厩舎・調教師データなどを解説

エンジェルフォールの2020(父ドレフォン)評価・競走馬情報【キャロットクラブ募集番号17】

| 0件のコメント


当シリーズを初めてご覧になられる方はまず こちら に目を通して頂けると幸いです

<出資馬選びの方向性>
・募集価格に対する回収率を重視(目標200%)
・クラブ内世代トップ10入りを目指せるか?
・重賞出走を目指せるレベルか?

<主な分析ファクター>
・血統・配合、種牡馬傾向、性別傾向
・出生時の母年齢



エンジェルフォールの2020

父:ドレフォン
母:エンジェルフォール(11歳)
母父:ジャングルポケット

5代目までのクロス:Northern Dancer5x5

牡馬

募集金額:3,000万円
預託予定:美浦・田村康仁厩舎

アドマイヤサンデーの牝系、とりわけキャロットクラブ募集馬は体質的に弱いところが多く、そこが最大のネックとなります。実際、右飛節OCD除去手術歴を発表されていますから、故障リスクは高めに見積もるべきでしょう。

その前提のもとに本馬の配合をみてみると、母系とほぼ重なりがない、準アウトブリード配合。似たような感じで配合された半姉ヴェロニカグレースや半兄アドマイヤレオが数を使えていたことを考えればドレフォンをつけたことに納得できます。

加えて母父ジャングルポケットと相性が良くないキングカメハメハ系を父方に据えていない点も評価できます。

半兄アンジェロフィリオはわずか1戦で引退したもののデビュー戦で見せた走りは間違いなく素質があり、エンジェルフォールが仔に伝える能力自体は可能性を秘めています。そこのロマンとリスクを天秤にかけた時の判断で検討するか否かが決まります。

適性は何とも言えませんが、まずは芝でデビューしそうな気がしますが、ダートでもやれそうな気はします。

筆者は積極的にリスクをとりにいくタイプではないので検討しませんが、本馬が高パフォーマンスを発揮し、そして何より無事に競走生活を送ることを楽しみにしています。

(文=桜木悟史) @satoshi_style
——————————————

※母名の横の( )内の数字は本馬出生時の母馬年齢
※出資判断はご自身の責任でお願いいたします。責任は負いかねます
※写真などはクラブの許可を得て掲載しております

▼2020年産の他の診断も見てみる
http://pog-info.com/archives/category/clubhorse/carrot2020



にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ ←他のサイトも見てみる


コメントを残す

必須欄は * がついています