POG一口馬主情報局

POG、一口馬主のための情報サイト。ドラフト型POG開催中。2歳馬、3歳馬の次走近況情報も掲載。キャロットクラブの出資馬の選び方や種牡馬別の配合や厩舎・調教師データなどを解説

ワシントンレガシーの2020(父リアルスティール)評価・競走馬情報【キャロットクラブ募集番号23】

| 0件のコメント


当シリーズを初めてご覧になられる方はまず こちら に目を通して頂けると幸いです

<出資馬選びの方向性>
・募集価格に対する回収率を重視(目標200%)
・クラブ内世代トップ10入りを目指せるか?
・重賞出走を目指せるレベルか?

<主な分析ファクター>
・血統・配合、種牡馬傾向、性別傾向
・出生時の母年齢



ワシントンレガシーの2020

父:リアルスティール
母:ワシントンレガシー(6歳)
母父:クロフネ

5代目までのクロス:サンデーサイレンス3×4

メス

募集金額:2,200万円
預託予定:美浦・大和田成厩舎

【参考】種牡馬リアルスティールの考察
https://pog-info.com/archives/11029

上記の考察に従えば、クロフネ肌にリアルスティールを持ってくる本馬の配合は一定の評価ができます。今年募集されるマイティースルーの2020と並んでリアルスティール産駒の中で注目しています。

本馬の血統表を見た時、「Storm Catとサンデーサイレンスのクロスという気性的に前向きにさせる血が同居するのはどうだろう?」という疑問もあったのですが、調べてみるとキズナ産駒のソングライン[NHKマイルC2着]やクリスティが結果を出しており、減点材料とはならなさそうです。

しいて注文つけるとすれば、上記の考察で披露したStorm Catで好発をきって、Deputy Ministerで持続させるという発想に照らし合わせた時、ワシントンレガシーのスピード色が強すぎる印象で、マイティースルーの2020ほどのドンピシャ感はないという点でしょうか。

本馬の配合もそれなりに面白いとは思いますが、OPクラスを目指せる馬選びという観点においてはマイティースルーの2020を上にとります。

(文=桜木悟史) @satoshi_style
——————————————

※母名の横の( )内の数字は本馬出生時の母馬年齢
※出資判断はご自身の責任でお願いいたします。責任は負いかねます
※写真などはクラブの許可を得て掲載しております

▼2020年産の他の診断も見てみる
http://pog-info.com/archives/category/clubhorse/carrot2020



にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ ←他のサイトも見てみる


コメントを残す

必須欄は * がついています