POG一口馬主情報局

POG、一口馬主のための情報サイト。ドラフト型POG開催中。2歳馬、3歳馬の次走近況情報も掲載。キャロットクラブの出資馬の選び方や種牡馬別の配合や厩舎・調教師データなどを解説

ロスヴァイセの2020(父キタサンブラック)評価・競走馬情報【キャロットクラブ募集番号24】

| 0件のコメント


当シリーズを初めてご覧になられる方はまず こちら に目を通して頂けると幸いです

<出資馬選びの方向性>
・募集価格に対する回収率を重視(目標200%)
・クラブ内世代トップ10入りを目指せるか?
・重賞出走を目指せるレベルか?

<主な分析ファクター>
・血統・配合、種牡馬傾向、性別傾向
・出生時の母年齢



ロスヴァイセの2020

父:キタサンブラック
母:ロスヴァイセ(9歳)
母父:シンボリクリスエス

5代目までのクロス:サンデーサイレンス3×4, Hail to Reason5x5, Lyphard5x5

牡馬

募集金額:3,400万円
預託予定:美浦・木村哲也厩舎

キタサンブラック産駒はまだ十分なサンプルが集まっていませんが、初勝利をあげたコナブラックが函館2歳Sを勝利したアンブロワーズの孫ですから母系から早熟な血・スピード色の強い血を取り入れることが重要かもしれません。

その観点でみると、ロスヴァイセという繁殖は持続力とソニンク由来の最後の瞬発力が武器となっており、アンブロワーズと比較すると、相性は微妙だろうというのが筆者の見立て。

少し配合をいじって、「父ブラックタイド+母父シンボリクリスエス」をみても、獲得賞金はマッジョネラの2,960万円が最高。アベレージもかなり低めです。

ヴァイスハイト-ロスヴァイセ側からみても、高いパフォーマンスを見せているのがクルークハイト(父クロフネ)と、マイルの第一線で戦っていたようなスピード豊かな父のほうが結果を出しており、噛み合った配合とは言い難いでしょう。

(文=桜木悟史) @satoshi_style
——————————————

※母名の横の( )内の数字は本馬出生時の母馬年齢
※出資判断はご自身の責任でお願いいたします。責任は負いかねます
※写真などはクラブの許可を得て掲載しております

▼2020年産の他の診断も見てみる
http://pog-info.com/archives/category/clubhorse/carrot2020



にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ ←他のサイトも見てみる


コメントを残す

必須欄は * がついています