POG一口馬主情報局

POG、一口馬主のための情報サイト。ドラフト型POG開催中。2歳馬、3歳馬の次走近況情報も掲載。キャロットクラブの出資馬の選び方や種牡馬別の配合や厩舎・調教師データなどを解説

ビットレートの2020(父ヘニーヒューズ)評価・競走馬情報【キャロットクラブ募集番号35】

| 0件のコメント


当シリーズを初めてご覧になられる方はまず こちら に目を通して頂けると幸いです

<出資馬選びの方向性>
・募集価格に対する回収率を重視(目標200%)
・クラブ内世代トップ10入りを目指せるか?
・重賞出走を目指せるレベルか?

<主な分析ファクター>
・血統・配合、種牡馬傾向、性別傾向
・出生時の母年齢



ビットレートの2020

父:ヘニーヒューズ
母:ビットレート(8歳)
母父:スペシャルウィーク

5代目までのクロス:Hold Your Peace4x5

メス

募集金額:2,200万円
預託予定:美浦・小西一男厩舎

本馬はボトムラインにNasrullahを重ねた血を持っており、ヘニーヒューズ産駒のセオリーに照らし合わせればダート寄りになりそうです。

ここではダート寄りになるという前提で話を進めます。その場合、ネックになるのが母父スペシャルウィーク。キャロットクラブ会報誌で血統評論家の望田潤氏が何度か触れているAuroleの血がカギとなります。この血は揉まれ弱く、逃げや大外から競馬など極端な競馬のほうが力を出せる傾向があります。

たとえば「ヘニーヒューズ+母父スペシャルウィーク」の代表格であるタガビューティーは普段の競馬を見ていても直線での大外からの差し競馬が目立ちます。加えて注目しなければいけないのは唯一の大敗といえるユニコーンS。機会があればレースを見直して頂きたいと思いますが、向こう正面で不利を受けて、そのまま馬群に沈みました。

あれぐらいの不利があれば他の馬でも沈んで当たり前とも言えますが、筆者はあそこにスペシャルウィークの脆さを感じました。

ダート戦になるとキックバックなども影響も大きくなり、母父スペシャルウィークが競走成績の安定を邪魔する可能性は否定できません。個人的な選馬の方針としてこういう条件のダート牝馬は見送る方針です。

(文=桜木悟史) @satoshi_style
——————————————

※母名の横の( )内の数字は本馬出生時の母馬年齢
※出資判断はご自身の責任でお願いいたします。責任は負いかねます
※写真などはクラブの許可を得て掲載しております

▼2020年産の他の診断も見てみる
http://pog-info.com/archives/category/clubhorse/carrot2020



にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ ←他のサイトも見てみる


コメントを残す

必須欄は * がついています