POG一口馬主情報局

POG、一口馬主のための情報サイト。ドラフト型POG開催中。2歳馬、3歳馬の次走近況情報も掲載。キャロットクラブの出資馬の選び方や種牡馬別の配合や厩舎・調教師データなどを解説

ホワイトミーティアの2020(父リオンディーズ)評価・競走馬情報【キャロットクラブ募集番号82】

| 0件のコメント


当シリーズを初めてご覧になられる方はまず こちら に目を通して頂けると幸いです

<出資馬選びの方向性>
・募集価格に対する回収率を重視(目標200%)
・クラブ内世代トップ10入りを目指せるか?
・重賞出走を目指せるレベルか?

<主な分析ファクター>
・血統・配合、種牡馬傾向、性別傾向
・出生時の母年齢



ホワイトミーティアの2020

父:リオンディーズ
母:ホワイトミーティア(9歳)
母父:ゼンノロブロイ

5代目までのクロス:サンデーサイレンス4×3, Mr. Prospector4x5

メス

募集金額:1,800万円
預託予定:栗東・吉岡辰弥厩舎

「母父ゼンノロブロイ」の獲得賞金パフォーマンスの低さは幾度ともなくこのサイトでご説明してきているのでデータ的な話は割愛します。

母父ゼンノロブロイの代表格・ハイランドピークも全6勝のうち3勝がスタートから先頭譲らずの逃げ切り勝ち。つまり前が壁になったり、最後に外から交わされると競馬をやめるような気性の難しさがついて回るのが「母父ゼンノロブロイ」の難しさ。こういう傾向があると知っておくことは大切かと思います。

ただ、この馬に関しては配合の形は悪くない気がします。正直、ゼンノロブロイのデータだけをもって低評価にするのは危険な気もしており、億超えとかそこまで行く馬ではないものの3勝クラスぐらいまでいける要素もあります。

いろいろ要素が多いので詳細は割愛しますが、たとえば母系にTom Foolのクロスがあり、父リオンディーズがそれに呼応できる種牡馬ですので、母父ゼンノロブロイとは思えない器用な競馬もできそうな感じがあります。

母父ゼンノロブロイというマイナス要素はあるものの、それをカバーできる有効なインブリードをいくつかもっており、条件クラスならそこそこやれるかもしれません。

(文=桜木悟史) @satoshi_style
——————————————

※母名の横の( )内の数字は本馬出生時の母馬年齢
※出資判断はご自身の責任でお願いいたします。責任は負いかねます
※写真などはクラブの許可を得て掲載しております

▼2020年産の他の診断も見てみる
https://pog-info.com/archives/category/clubhorse/carrot2020



にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ ←他のサイトも見てみる


コメントを残す

必須欄は * がついています