POG一口馬主情報局

POG、一口馬主のための情報サイト。ドラフト型POG開催中。2歳馬、3歳馬の次走近況情報も掲載。キャロットクラブの出資馬の選び方や種牡馬別の配合や厩舎・調教師データなどを解説

カイゼリンの2020(父リオンディーズ)評価・競走馬情報【キャロットクラブ募集番号36】

| 0件のコメント


当シリーズを初めてご覧になられる方はまず こちら に目を通して頂けると幸いです

<出資馬選びの方向性>
・募集価格に対する回収率を重視(目標200%)
・クラブ内世代トップ10入りを目指せるか?
・重賞出走を目指せるレベルか?

<主な分析ファクター>
・血統・配合、種牡馬傾向、性別傾向
・出生時の母年齢



カイゼリンの2020

父:リオンディーズ
母:カイゼリン(15歳)
母父:アドマイヤベガ

5代目までのクロス:サンデーサイレンス4×3, Northern Dancer5x5

メス

募集金額:2,200万円
預託予定:美浦・田中博康厩舎

カイゼリンは血統に秘めるポテンシャルはあるものの、それを活かせる種牡馬がほぼ存在しないのが厳しい繁殖牝馬と言えるかもしれません。

カイゼリンの血で目が行くのがサンデーサイレンストニービンの血です。ここから連想するのはドゥラメンテ型配合で、Kingmamboを持ってくる形。その意味でキンカメ系のリオンディーズを持ってくるのは理に適っているのですが、この配合で難しいのでもうひとつ、接着剤的な役割を果たすノーザンテーストが入らないと配合が完成しないという点です。

その観点で、父にノーザンテースト持ちのルーラーシップ産駒を迎えたカイザーヴェッターが兄姉の出世頭になっていることにも納得がいきます。

ただしカイザーヴェッターの場合はノーザンテーストと同時にトニービンも入ってきてしまい、母系とクロスすることで鈍重さが増し、2500m以上で3勝といかにもルーラーシップ産駒っぽい戦績に終わってしまいました。

なので、カイゼリンの場合、「トニービンが入らないノーザンテースト持ちのキングマンボ系の種牡馬」をつければ大物輩出のチャンスはあったかもしれませんが、残念ながらその条件にピタリとはまる種牡馬は思いつきません。

本馬の成績は半姉イイナヅケと半兄カイザーヴェッターの間ぐらいで考えておくのが妥当でしょう。

(文=桜木悟史) @satoshi_style
——————————————

※母名の横の( )内の数字は本馬出生時の母馬年齢
※出資判断はご自身の責任でお願いいたします。責任は負いかねます
※写真などはクラブの許可を得て掲載しております

▼2020年産の他の診断も見てみる
http://pog-info.com/archives/category/clubhorse/carrot2020



にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ ←他のサイトも見てみる


コメントを残す

必須欄は * がついています