POG一口馬主情報局

POG、一口馬主のための情報サイト。ドラフト型POG開催中。2歳馬、3歳馬の次走近況情報も掲載。キャロットクラブの出資馬の選び方や種牡馬別の配合や厩舎・調教師データなどを解説

シンハリーズの2020(父リアルインパクト)評価・競走馬情報【キャロットクラブ募集番号86】

| 0件のコメント


当シリーズを初めてご覧になられる方はまず こちら に目を通して頂けると幸いです

<出資馬選びの方向性>
・募集価格に対する回収率を重視(目標200%)
・クラブ内世代トップ10入りを目指せるか?
・重賞出走を目指せるレベルか?

<主な分析ファクター>
・血統・配合、種牡馬傾向、性別傾向
・出生時の母年齢



シンハリーズの2020

父:リアルインパクト
母:シンハリーズ(18歳)
母父:Singspiel

5代目までのクロス:Halo4x4

メス

募集金額:3,200万円
預託予定:栗東・斉藤崇史厩舎

とても乱暴な血統的な話をするとヘイロー色の強い繁殖牝馬に短距離指向の強い種牡馬をつけたら大抵どうにかなります。

まさにシンハリーズは日本を代表するヘイロー色の強い繁殖牝馬で、これまでの実績を見ても4勝をあげたミリッサの父がダイワメジャー、本馬の1つの上で新馬戦を強い内容で勝ったスリーパーダの父がミッキーアイル。この乱暴な見解に当てはめてよい繁殖牝馬です。

そこで短距離・マイルで活躍したリアルインパクト。普通に考えたら走るはず。

ただ当サイトを毎年訪問されている方であれば知っているかと思いますが、筆者のリアルインパクトへの評価は低め。初年度にラウダシオンを輩出したもの、賞金2位は依然として5,000万円に達していません。

ラウダシオンの母アンティフォナが複数勝ちの産駒を複数出している優秀な牝馬であることを考えれば、シンハリーズにも十分にその資格があるはず。シンハリーズがリアルインパクトを救うシナリオは十分考えられます。

ただ筆者が見た限り「リアルインパクト+Halo」の配合があまり成功していない(そもそもリアルインパクト産駒のアベレージが低い)ので、昨年のスリーパーダほど推せる自信はありません。

(文=桜木悟史) @satoshi_style
——————————————

※母名の横の( )内の数字は本馬出生時の母馬年齢
※出資判断はご自身の責任でお願いいたします。責任は負いかねます
※写真などはクラブの許可を得て掲載しております

▼2020年産の他の診断も見てみる
https://pog-info.com/archives/category/clubhorse/carrot2020



にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ ←他のサイトも見てみる


コメントを残す

必須欄は * がついています