POG一口馬主情報局

POG、一口馬主のための情報サイト。ドラフト型POG開催中。2歳馬、3歳馬の次走近況情報も掲載。キャロットクラブの出資馬の選び方や種牡馬別の配合や厩舎・調教師データなどを解説

シルバーステート産駒の配合パターンが見えてきた?

| 0件のコメント






指名馬一覧[馬名,性別,父母]

▼9-12月:1頭のみ未出走馬を交換できます
https://9318.teacup.com/furisuta/bbs

【交換履歴】
コイコイさん 母ヴィルシーナ→ビジュノワール(母クーデグレイス)
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
野路菊Sはシルバーステート産駒のロンが勝利。当POGでは指名者はいませんでした。

シルバーステート産駒はこの世代が初年度産駒ながらすでにOPを2勝。父親を彷彿とさせる先行策で結果を出す馬が多いのが特徴と言えそうです。

なので、父親側がスピードを強く遺伝していそうなものですが、配合を見る限りはそうとも言えなさそう。むしろ母のほうが短距離戦で戦っているケースが多く、ロンの母アモーレヴォレも、ダリア賞を勝利したベルウッドブラボーの母も短距離戦で使われていました。

なので現時点の見立てとして【父方が持久力、母方がスピードでバランスをとる】みたいな配合の発想が現時点では正解に近そう。

これをもう少し血統的に見ていくと、母方にもサンデーを持っているサンデークロス持ちが成功、加えてミスプロを併せ持っているとロンやベルウッドブラボーと共通の形になります。

サンデー以外でもHaloが母方に入る形は良さそうで、母父キングヘイローのウォーターナビレラは札幌芝1500mを新馬勝ち。他にもRahy持ちも勝ち上がり。当面はこのあたりに注視しながら配合を研究していきたい。

にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ ←ぽちっと応援お願いします!


コメントを残す

必須欄は * がついています