POG一口馬主情報局

POG、一口馬主のための情報サイト。ドラフト型POG開催中。2歳馬、3歳馬の次走近況情報も掲載。キャロットクラブの出資馬の選び方や種牡馬別の配合や厩舎・調教師データなどを解説

2021年・有馬記念の展開を考える

| 0件のコメント

ひさしぶりに土日がお休みになったので、いつ以来かわかりませんが、予想的な話を書いていこうかなと思います。

今回の有馬記念にはポイントが2つあると考えています。

★1:エフフォーリアが後ろからの競馬になるリスク
★2:パンサラッサがいてもハイペースにはならないのでは?

■今年の枠順の妙味

枠順抽選会を見ていて、やはり気になったのは武豊騎手の場所。1枠に入るかどうかに注目が集まりますが、個人的には「武豊騎手のすぐ内側にどの馬が入るか」という点。

近年の武豊騎手はスタート直後に内側の馬の進路をカットして、技術でカバーするようなところがあるからです。

すると、その直後にエフフォーリアがすぐ内の⑩番を引きました。今年はこの直感を重視して展開を考えることにしました。エフフォーリアは天皇賞(秋)でも一瞬立ち遅れており、武豊騎手の格好の餌食になる可能性があります。

天皇賞(秋)のVTR(5番)→https://www.youtube.com/watch?v=GeOEdIzxRI4

ちなみに、仮にこのシナリオが成立する場合、その内側にいる⑨ステラヴェローチェも影響を受ける可能性があり、「エフフォーリアとステラヴェローチェが後ろからの競馬になる」が桜木が想定する隊列です。ステラヴェローチェの評価も下げることにしました。


■意外とスローペースになるのでは?

次に展開です。パンサラッサが1枠②に入り、この馬がガンガン飛ばす可能性はあります。

でもはたしてこの馬を追っかける馬がいるのかどうか? タイトルホルダーにしても離れた2番手でも困らないでしょうし、ハイペースにするメリットがない。しいていえばキセキがハイペース歓迎のタイプですが、⑯に入ったのが厳しい。マクってあがっていくとしたら1週目のスタンド前が有力ですが、そこまでには⑯番枠ではあまりに距離が足りなさすぎます。

そうなるとパンサラッサがバカ逃げをしたとしても隊列のペースはミドルからスロー。そうなると、流れ的には去年の同じような結末を迎えるという仮説に至ります。去年同様にスローからの勝負になり、切れ味に勝る牝馬にチャンスが生まれるとみます。昨年2着にサラキアみたいな馬を買いたいところ。今年はアカイイトがそのイメージに合致します。

そしてもう1頭買いたいのがウインキートス。この馬は目黒記念で超スローから32.5の脚を使うなどスローからの瞬発力勝負は歓迎。しかもポジションをとれるタイプなので3枠に入ったのも大歓迎。前回は遠征競馬で走る前から状態がおかしかったとのコメントを丹内騎手がしており、その通りならここでの巻き返しに張るのも一興。

◎クロノジェネシス
〇ウインキートス
▲アカイイト
△エフフォーリア

上記4頭の馬連BOXと上位牝馬3頭のワイドで勝負します。

■余談:サイン馬券的な話

今年の世相を考えた時に、やはり競馬界で大きかったのは『ウマ娘』。そこでウマ娘馬券がないか考えたところ、たとえばウマ娘の中心にいたゴールドシップに注目して564馬券(ゴルシ)とか、それこそゴールドシップ産駒のウインキートスを買うとか。そういう安直さもあっていいかな、と。

それこそウマ「娘」ですから牝馬を買う。それもあって牝馬3頭で上位を固めてみましたが、ここでメロディーレーンやシャドウディーヴァに馬券を破壊されるのが桜木クオリティという感じもします(爆)

(文=桜木悟史) @satoshi_style

バックナンバーはコチラ

にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ ←他のサイトも見てみる


コメントを残す

必須欄は * がついています