POG一口馬主情報局

POG、一口馬主のための情報サイト。ドラフト型POG開催中。2歳馬、3歳馬の次走近況情報も掲載。キャロットクラブの出資馬の選び方や種牡馬別の配合や厩舎・調教師データなどを解説

トウカイライフの2020(父リアルスティール)評価・競走馬情報【キャロットクラブ募集番号94】※追加募集

| 0件のコメント

当シリーズを初めてご覧になられる方はまず こちら に目を通して頂けると幸いです

<出資馬選びの方向性>
・募集価格に対する回収率を重視(目標200%)
・クラブ内世代トップ10入りを目指せるか?
・重賞出走を目指せるレベルか?

<主な分析ファクター>
・血統・配合、種牡馬傾向、性別傾向
・出生時の母年齢



トウカイライフの20

父:リアルスティール
母:トウカイライフ (13歳)
母父:トウカイテイオー

5代目までのクロス:Hail to Reason5x5, Northern Dancer5x5

牡馬

募集金額:3,600万円
預託予定:美浦・田中博康厩舎

近代配合の分析を主戦場とする筆者にとって母父トウカイテイオーという難題が課せられました(笑)。しかし苦手な土壌の分析を無理に進めて、読者の方々に誤解を与えるといけないので、あえてこの部分については触れない方向でいきます。

本馬の配合で気になるのは母方にあるリアルシャダイの存在。RobertoIn Realityの文字を見かけると鈍重さや馬体に硬さを与える影響について考えざるをえません。

そこで、リアルシャダイの血が入っている2代母ファヴォリと母トウカイライフの戦績をチェックします。結果は以下の通り。

●ファヴォリ:ダート1勝、芝2000m超で2勝
●トウカイライフ:ダート4勝(地方1勝を含む)

割と自分のイメージに合っている戦績というか、リアルシャダイのスタミナを強調する部分を端的に示す内容となっています。

残念ながら、その部分が強いとなかなか勝てないのが現代競馬。この部分をいかに相殺するかが本馬の配合のテーマとなってきます。

その点、父にリアルスティールを持ってきたのは評価できます。ディープインパクトの瞬発力に加えて、Storm Catから早熟性や俊敏さを持ってこれますから、この母方の悪い部分をうまく打ち消しそうな配合に映ります。

実際、本馬の半姉ルーチェデラヴィタ(父キズナ/ディープ+Storm Cat)がこの兄弟の中では最高となる2勝をマーク。配合としては理に適っていることがわかります。

ただ、ルーチェデラヴィタは6月の阪神を遅いタイムで新馬勝ち、その後、馬券に絡んだのは洋芝だけですから、父方に速い血を持ってきても、それ以上に母系の重さが主張する配合だと推測されます。

ディープインパクト+Storm Cat+Robertoの配合からはアカイイト[エリザベス女王杯]やソングライン[NHKマイルC]が輩出されるなど、4年前からおすすめしていた配合なので、配合のバランス自体はよいかと思います。

それでも前述の半姉の適性や、キズナ→リアルスティール替わりなどを考慮しても(リアルスティールのほうが軽い)、なかなか高速馬場で活躍できる馬かというと疑問符はつきます。得意な条件が限られるタイプで2,3勝が目標となります。個人的にはリアルスティールはダートをこなしそうな気がしているので、ダート適性はあるのではないかと見ています。

(文=桜木悟史) @satoshi_style
——————————————

※母名の横の( )内の数字は本馬出生時の母馬年齢
※出資判断はご自身の責任でお願いいたします。責任は負いかねます
※写真などはクラブの許可を得て掲載しております

▼2020年産の他の診断も見てみる
https://pog-info.com/archives/category/clubhorse/carrot2020



にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ ←他のサイトも見てみる


コメントを残す

必須欄は * がついています