POG一口馬主情報局

POG、一口馬主のための情報サイト。ドラフト型POG開催中。2歳馬、3歳馬の次走近況情報も掲載。キャロットクラブの出資馬の選び方や種牡馬別の配合や厩舎・調教師データなどを解説

ラクアミの2020(父エピファネイア)評価・競走馬情報【キャロットクラブ募集番号95】※追加募集

| 0件のコメント

当シリーズを初めてご覧になられる方はまず こちら に目を通して頂けると幸いです

<出資馬選びの方向性>
・募集価格に対する回収率を重視(目標200%)
・クラブ内世代トップ10入りを目指せるか?
・重賞出走を目指せるレベルか?

<主な分析ファクター>
・血統・配合、種牡馬傾向、性別傾向
・出生時の母年齢



ラクアミの20

父:エピファネイア
母:ラクアミ (8歳)
母父:ダイワメジャー

5代目までのクロス:サンデーサイレンス4×3, Northern Dancer5x5x5, ノーザンテースト4×5, Hail to Reason5x5

牡馬

募集金額:4,000万円
預託予定:栗東・石坂公一厩舎

「エピファネイア+母父ダイワメジャー」の組み合わせについては、同世代のローガンサファイアの2020【馬名 ゴールドシーン】の解説にて見解を述べていますので詳細はそちらに譲りますが、要点をまとめると

●持久力ばかり強調され、瞬発力不足の懸念が強い
●ノーザンテースト持ちのエピファネイア産駒は賞金アベレージが微妙

というのが現時点の評価。

2つめの項目について、再度データを集計しましたが、最高賞金はレッドブロンクスの3,932万円ですから、エフフォーリアなどの活躍を見て「エピファネイア産駒で大物を当ててやろう!」という方にはおすすめしにくい配合と言えます。

母系を見ても、レイズアンドコールの一族は1400m前後の短距離指向が強くなる傾向があり、1400m以下にそこまで実績がないエピファネイアとのちぐはぐさも気になります。

サンデーサイレンスをクロスさせたエピファネイア産駒は芝向きに出る傾向があるので、おそらく適性は芝、距離は1400~1600mぐらいの狭いレンジでの活躍となりそうで生涯のトータル賞金を計算すると厳しい評価にせざるをえないかなと思います。募集金額との兼ね合いで見送りとします。

(文=桜木悟史) @satoshi_style
——————————————

※母名の横の( )内の数字は本馬出生時の母馬年齢
※出資判断はご自身の責任でお願いいたします。責任は負いかねます
※写真などはクラブの許可を得て掲載しております

▼2020年産の他の診断も見てみる
https://pog-info.com/archives/category/clubhorse/carrot2020



にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ ←他のサイトも見てみる


コメントを残す

必須欄は * がついています