POG一口馬主情報局

POG、一口馬主のための情報サイト。ドラフト型POG開催中。2歳馬、3歳馬の次走近況情報も掲載。キャロットクラブの出資馬の選び方や種牡馬別の配合や厩舎・調教師データなどを解説

フリスタPOG2019-2020 指名理由&応援メッセージを募集します!

| 11件のコメント

指名馬一覧[馬名,性別,父母]はこちら
※POGスタリオンのURLはドラフト送信元のアドレスにお送りします

さて毎年恒例の「指名理由大募集」です。

他のPOGでは「指名して終わり」となりがちですが、当POGでは「指名理由を共有して、皆さんのPOGの参考になる発見があれば」との思いから毎年指名理由を書いて頂いております。1年後に「こんな理由で選んだのか(苦笑)」と過去と向き合うことでPOGは上手になる(迷走する場合もあるw)と私は信じています。

ちなみに去年の皆さんの指名理由はこんな感じ
https://pog-info.com/archives/6692

熱いエール・想像力豊かな妄想、大歓迎です(笑)

この記事へのコメント(コメント欄が見つからない方は記事の一番下の「パーマリンク」を押してください)という形で指名理由をお書きください(長文すぎるとエラーになるケースもあるのでご注意ください)

指名馬以外にも「この馬が獲れてよかった!」「あの馬、本当は一番欲しかった」など、ドラフトに関するあれこれ書き込みOKです。

※コメントを頂いたのち、管理人の方で色付けなど一部編集させて頂きます。予めご了承ください

【コメント例】

1.バルトリ(母レディオブオペラ)
今年のテーマは「ゴドルフィン、めっちゃ日本血統を勉強してね?」でして(謎)、好配合の馬が多いです。来年のクラシックはゴドルフィン旋風が吹き荒れると予測。その中でもバルトリは実は1年前から狙っていた馬。「ディープインパクト+母父シングスピール」は勝ち上がり率100%&平均賞金獲得額高め。ゴドルフィンのエースはこの馬!のはず(笑)

2.ヒュッゲ(母ムーンライトダンス)
金子HDの馬が欲しくて謎の2位指名。「ハーツクライ+Cheif’s Crown」はヌーヴォレコルトやベルラップで成功。さらに東京長距離向きのMill Reefも入っているので、たぶん3年後の目黒記念かAR共和国杯で上位争いしてると思います(ダメじゃん)

3.イグニタス(母ガーネットチャーム)
初仔のグラナタスがそれなりに活躍しましたし、2番仔の本馬はペルシナンナイトで実績のある「ハービンジャー+SS+Nureyev」の安心配合。指名後、G1の社員さんに話を聞いたら「馬の雰囲気はめっちゃいいけど、適性がどこにあるかわからない」とのこと(苦笑)

4.ダーリントンホール(母Miss Kenton)
ゴドルフィン第2の矢。ガリレオ系はあまり指名しないんですが、New Approach系は東京の芝でもやれてますからね。さらに本馬はPivotal経由でNureyevが入ってますから日本の芝に対応できるかと。レイデオロを指名していた和田稔夫記者・木村拓人記者も推してたのでそれに乗っかってみました。

5.アサシン(母アンシャンタン)
ノースヒルズ枠「ハーツクライ+母父Unbridled’s Song+ナスキロ」はスワーヴリチャードと共通。ノースヒルズの強い馬は中竹厩舎に入ることが多いですし、今年のノースヒルズのエースはこの馬ではないかと。

6.ブライドグルーム(母フーラブライド)
ここから補充指名。イリュミナンス17の代役指名。「ロードカナロア+Nureyev+母の芝実績」。ただロードカナロア+堀厩舎といえば昨年のドラ1・スワーヴシャルル。あの二の舞もありそうでまったく強気になれません…。

7.グランチェイサー(母キャッスルブラウン)
Caerleon持ちのダイワメジャーはコパノリチャードやレーヌミノルと時々いいのが出ます。調教も動いてたので即戦力だと思ったらレース当日は5番人気で不安になるも勝ってくれて一安心。馬券もGET。もう十分に働いてくれた気もしますが(笑)、中京2歳Sでダイワメジャー3連覇目指してもらいます。

8.デゼル(母アヴニールセルタン)
三振かホームランでしょうが、血統的にいえば、母系にGlourious Song&MachiavellianでHaloを重ねまくってますし日本への適性は高いと思います。この馬に関しては本当に状態だけかと。

9.サトノアレックス(母ミラクルレジェンド)
「ヘニーヒューズ+母父フジキセキ」は勝ち上がり率高め。目標は青竜S勝ち。

10.エース(母メデタイメデタイ)
恒例のローエングリン枠。石川達絵オーナーがエースと名付けるぐらいの何かがあるのかも?
――――――――――――――――――

今年は仕事が忙しく、リスト作りに時間をかけられなかったので補充指名のラインナップが不本意ではあるのですが、去年に比べるとクラシック向きのホームランバッターは揃えられたので1桁順位&2年連続のダービー出走を目指して頑張ります!

それでは皆さんからのご投稿、心よりお待ちしております!




←他のPOGサイトも見てみる


11件のコメント

  1. 昨年の指名理由を読み返すと赤面する限りです(笑)

    1位 ゼノヴァース
    噂によると池江師がこの馬を預かりたいと申し出たそうで、期待が高まります。

    2位 サンデーミラージュ
    各地のセールで派手に買いまくってるラウンドワン。いきなり当たりを引くかはわかりませんが、普通に良血馬です。

    3位 キングダムウイナー
    セレクトの高額馬。ライオンー矢作ラインの堅実さを評価。

    4位 ダノンセレスタ
    POGでダノン&ミッキーから1頭は獲っとないという考えです。

    5位 ショウナンワンガン
    エピファ×母父ディープ、どういう馬が生まれてくるのか興味深い血統です。

    6位 オーソリティ
    指名人気急落のオルフェ産駒ですが、私はまだ追いかけてみたいと思います。
    シーザリオが孫世代まで影響力を発揮するのか注目。

    7位 ナスノシベリウスの17
    半姉ナスノシンフォニーはホープフルSにも出走した実力馬
    ハーツからジャスタウェイに変わったことで距離適正がマイルに振れてくれたら面白い。

    8位 ホウオウピースフル
    オルフェ×母父キンカメは悪くないし、ブラストワンピースの下がこの順位まで残ってるなら獲ろうという考えです。

    9位 エアリーフローラ
    デビュー戦は負けてしまいましたが、馬体重を含めて今後の成長に期待です。

    10位 リチュアルダンス
    フリスタPOGでも注目度の高いゴドルフィン。そのゴドルフィンが池江厩舎に入れるのは相当期待されてるのではないかと…
    エネイブルの強さはサドラーの濃いクロスの影響が強いと思いますが、ナサニエル産駒が日本でどういう走りを見せるか興味深いです。

    本当に獲りたかった馬 ヴァーダイト
    音無師のダービー制覇はこの馬だ!と思ったのですが、18順目まで残るわけないですよね(笑)

  2. みなさん今回もよろしくお願いします!

    ドラフト順位が20位ということで、まずは獲れる確率の低そうなディープ産駒は除外して臨みました。
    結果的に『初仔』が以下4頭ということになりました。
    【1位】シルヴィス(母ラキシス)・・・初仔は体質が弱いとか、馬体が小ぶりだとか、また特に活躍した母は現役時代に激走した消耗が母体に残っているので仔出しに影響するとか・・・・・色々と意見もあるようですが、この仔は馬体も500kg程もあり、丈夫そうなコメントも見られるので、まずは大丈夫であろうと思い獲りにいきました。ただ母ラキシス自体のデビューが12月でPOG期間の間に三戦一勝。そこに父ルーラーの血が加わると早期のデビューはちょっと望めないかもです。ラキシスは結果2000m以上の距離での5勝。この仔もスタミナ寄りかも。
    【3位】ケイアイコブラ(ケイアイエレガント)・・・母は7勝。この仔の情報は全くありませんが、父がディープとくれば情報がなくても、しかも初仔でもといった気持。
    【4位】ダノンマーキュリー(母リボンフラワー)・・・母はあの池江パパ所有だったディープ産駒。これも全く情報はないのですが、自分的にはかなりいい獲得のようにも・・・。
    【5位】ミラードムーン(母Algarade)・・・全くどういうタイプなのかは不明。ヨーロッパの香りがするので芝でブリブリ言わせてほしい。ダンツィヒの3×5も魅力。
    以上『初仔』4頭。まあ実際、初仔こそ狙い目とも思っているのですがね。
    【2位】サトノシャローム(母シャムロッカー)・・・里見氏が今年の期待馬で、まず口にしたのがこの仔。高額ディープ産駒をさしおいての発言だけに乗ってみようかと。
    【6位】メリディアンローグ(母ジョリージョコンド)・・・藤沢×山本ライン。馬名は「ならず者の頂点」という意味らしい。…エリートの頂点ではなさそう・・・★
    【7位】マリスドランジュ(母シアージュ)・・・兄ディープダイバーのムキムキ馬体が気に入って応援していたので、その妹を指名。短い所なら結構やれるとふんでいます。新種牡馬にはなかなか食指が動かなかったものの、たまたまこの仔がキズナ産駒だったという次第。
    【補充分8位】ディープキング(母ダリシア)・・・困った時のダリシアなあんて言ってましたが、この仔はダリシア16歳時の仔になります。ダリシアも高齢になってしまいました。もう一花咲かせましょう(笑)
    ※8日土曜日の東京メインR。一着母ジョリージョコンド・二着母ダリシア・・・ってちょっと笑ってしまいました。
    【補充分9位】アルテミスハートの17(母アルテミスハート)・・・母ミセスリンゼイを獲られてしまって、ならばと思いついたのが同じ千葉サラのセールで同じラウンドワンの社長に競り落とされたこちらのこの仔を指名・・・・・だからと言って別に張り合っているわけではありませんのでね!
    【補充分10位】ウォルフライエ(母ニンフⅡ)・・・補充指名に入るまでこの仔にはまったく気がつかなかったので、直感的に指名。まったくアテにならない直感なんですがね(笑)

    以上指名理由なんですが今期はせめて10位あたりを目標に頑張りたいです。
    欲しかった馬はねぇ・・・・クロスキーなんかいいんじゃないですかね。あとは母スタセリタにも注目しています。

  3. 本年も”ドラフトのアタマ4頭中2頭獲れれば・・・”作戦です
    3頭も獲れれば文句無しですね
    まぁ、シンハライトの年以外アレなんで、自己満足でしかありませんが

    それと、昨年は馬体を見て選んだ馬が悉くコケたので、馬体は度外視して選びました
    あと、ノーザン&シルクRを重視したのかなと

    それでは

    【本指名】
    01位 リズムオブラヴ(母ミュージカルウェイ)
    間に合うかな?と思いつつ、オークス狙いでいきました。牝馬の1番で獲りたいと思い、2位で組んだんですが成功しました。お姉ちゃんほどで無いにしても、それなりには、、、

    02位 モーソンピーク(母モシーン)
    生まれが5月でちょいと遅いかも、、、と思いましたが、あまり中位だと獲れそうにないので3位指名しました。春のクラシック路線に乗ってくれれば最高です。

    03位 ラインハイト(母ピューリティー)
    今年はハーツクライの年やろ?と会社の仲間内で話してまして、自分の順位で獲れるだろう良い馬を、という事で指名。名前が良いですね。

    04位 ギルデッドミラー(母タイタンクイーン)
    ちょいと博打してみようと思い、中位でオルフェ産駒からチョイス。何となくピンかパーか。

    05位 レシステンシア(母マラコスタムブラダ)
    どうしてもメジャー産駒が欲しくて、獲れるのはこっちかな?と思ってチョイス

    06位 フォーテ(母エノラ)
    何故かこの馬を選んでました。いやー、何でだろう。理由が分からない。

    【補充指名】
    07位 アドマイヤケタウル(母ホットチャチャ)
    名前から牡馬かと思いきや実は牝馬だったという。エタリオウの下ってのもあるんですが、実は結構期待してます

    08位 ロードクラージュ(母レディルージュ)
    調教の良さや伸びしろがありそうなとこから補充指名しましたが、デビュー戦がアレレ?でした。同レースでどっちにしようかと悩んだトリプルエースが勝つなど、幸先の悪いスタートに不貞寝しました。

    09位 アステロイドベルト(母サトノジュピター)
    真っ先に名前で候補に入れ、雰囲気的に獲れそうなんで選びました。銀河旋風ブライガーのOPが頭の中で流れて仕方なかったですね

    10位 スカイグルーヴ(母アドマイヤセプター)
    新種牡馬ならエピファだと思い、名牝の血が溢れ返す?この馬をチョイス。どう出るかな

    欲しかった馬は、、、 ディアデラノビア(グレイトオーサー)

    以上です
    今年も一年、宜しくお願いします

  4. ついだらだら書いてしまったので、桜木さんにメールしました。

    欲しかった馬、、、この順目で贅沢言える立場じゃないですが、
    戦略的に10番目はタイセイビジョンだったなぁ、って思ってます。

  5. 1.サリオス(母サロミナ)
    美浦のWで終い12秒前半なんて、古馬でもなかなかお目にかかれません。予想通り新馬戦はほぼ楽勝。血統も筋が通ってるし、距離はわかりませんが間違いなく重賞級だと思ってます!

    2.スパングルドスター(母スタセリタ)
    上2頭はいずれも重賞勝ち。雰囲気的に「シェーングランツよりは上」だとするなら重賞勝ちは約束されたようなもの。社台の本命格が残っていたのはラッキーでした。

    3.アドマイヤカストル(母イルーシヴウェーヴ)
    なんか今年、この馬を指名するとちょっとネタっぽくなるのはなぜなんでしょう。。。確かに小さいとか遅そうとか言われてはいるものの、乗り味の良さは皆褒めてると思うんですが。というか、あのクールモアが最後まで競った馬、モノが違うまであっていいはず。

    4.ダノングロワール(母ソーメニーウェイズ)
    今年もいろいろ揃った国枝厩舎、あえてのエース候補はこの馬だと思ってます。とはいえ情報ほとんどないので、だいぶバットを長めに持った指名でもありますが。。。

    5.アウサンガテ(母アゼリ)
    補充指名はここからスタート。今年はセレクト、金子馬、億越え。馬体は小さいとはいえ、慧眼のレベルが違うオーナーが選んだ馬。期待値はそりゃ高いですよね。

    6.サマービート(母オータムメロディー)
    ピクシープリンセスの下で、ずっと追いかけてきた血統。ずっと野中厩舎だったこの馬が、ここにきての藤原英、そしてもう入厩済。ゴドルフィン×藤原英の打率の高さたるやそれはそれは。ベストアプローチ以上とは言わなくても、ヘミングウェイクラスには走ってほしい!

    7.ダイワリチャード(母コマーサント)
    桜木さんの記載をテンプレに書き始めたら、この順目はちょうどダイワメジャーで被ってました。Caerleon持ちのダイワメジャー…ではないんですが(笑)、やっぱりダメジャーはダイワで走ってほしいし、父と同じ上原厩舎。もう入厩してるのにも驚きましたが、ここはロマン枠です。

    8.エイシンアンヴァル(母Ambling)
    Carpe Diemは走るらしい、というdskさんのブログに乗せられて(笑)、というわけでもちょっとあるんですが、1歳のころからあか抜けていた、という牧場の評価を素直に信じて。これで厩舎が・・・だったら、この辺まで残っちゃいなかったですよね。。。

    9.ホウオウセレシオン(母ミスセレンディピティ)
    もうシンプルに振り回しに行ってみました。奥村師のちょっと地雷っぽいコメントがあるくらいで、明らかに成長途上な馬体。いい感じで夏を越してくることをただただ祈ってのフルスイングです。

    10.ユアソーラ(母ヴィリエルバクル)
    というか、上位9頭があまりに中長距離砲ばっかりで、間違うと全滅まであり得るラインナップ。ここは小倉デビューが見えてる速攻系短距離馬を確保しようと。今年はエピファネイアがいたので馬体写真は特に見ないようにしていたんですが(ボリクリ詐欺の悪夢が。。。)、それでも馬体が目に留まった一頭でした。

  6. 今期の指名は、ディープインパクト産駒指名なし、クラブ馬1頭のみと近年のPOG攻略のセオリーに逆らった挑戦的(それとも無謀?)なスタンスとなりましたが、果たして・・・

    1位 アブソルティスモ(母ラドラーダ)
    POG期間内に重賞を勝てなかった元指名馬の全兄ティソーナのリベンジ。デビュー戦は超スローの直線勝負と勝った相手の土俵になってしまい2着はやむなし。全兄の果たせなかったPOG期間内重賞勝ちを願います。

    2位 ワーケア(母チェリーコレクト)
    昨シーズン指名した「落合オーナー+手塚師」フェルシュテルケンのリベンジと、今年はハーツクライの当たり年と睨んでの指名。デビュー戦、まだ緩い馬体ながらこちらの想像以上の強さでの勝利で来春が楽しみになりました。

    3位 バトルオブアルマダ(母ラスティングソング)
    「ロードカナロア+SS+Specialのクロス」はアーモンドアイ、ステルヴィオと同じ、見た目も纏まりのある素晴らしい馬体で大型馬の仕上げに定評のある堀厩舎。プロフ的には申し分ないのに単独指名で獲得。私の知らないネガティブ情報があるかも・・・

    4位 エボカシオン(母カルディーン)
    クラシック路線を見据える本格派ハーツクライ産駒から本馬をチョイス。早期入厩→ゲート試験合格と順調、レベルの高い走りとの情報もあって期待大です。

    5位 エオスモン(母ショアー)
    故障に泣いた元PO馬で半兄シュバルツボンバーのリベンジ。須貝師が大和屋オーナーに推奨して買ってもらった経緯も買い材料です。

    ここから補充指名馬
    6位 キンブレル(母エリドゥバビロン)
    指名リストには入れていたがドラフトリスト投函時には情報がなかったので保留していたが、美浦入厩の情報を得て指名。リビエール・レーシング+矢野厩舎は勝ち上がり率が高く(3頭中2頭ですが)先輩ジェネラーネウーノ級の活躍を期待します。

    7位 アロハヌイロア(母ヴィアメディチ)
    今期がクラシックラストシーズンとなる角居厩舎からどうしても1頭は指名したかったので、残っていた本馬をセレクト。母系が強く出た素晴らしい馬体と育成スタッフの評価が高いとのコメントも指名の決め手です。

    8位 バトーデュシエル(母エルダンジュ)
    POG媒体で評価の高い本馬がこの順位で残っていたので指名に踏み切りました。競馬愛溢れるツィートと持ち馬の情報をオープンにされている山口オーナーの馬である点も大きかったですね。

    9位 アリストテレス(母ブルーダイアモンド)
    今年も個人的に相性のいい音無厩舎の牡馬を指名しようと思案していたところ、本馬が入厩したとの情報を見て指名。ちなみにダービー3連覇を成し遂げたNF空港A1厩舎の育成馬。4連覇と音無師悲願のダービー制覇の夢を託します。

    10位 馬名未定(母Isobel Baillie)
    POG媒体に掲載されないOBSスプリングセール出身馬はミスターメロディ、フォッサマグナなど活躍馬が続出。本馬もフォッサマグナと同じコンサイナーで姉に重賞勝ち馬がいるのも共通。Uncle Mo産駒は芝のG1馬を出し日本での勝ち上がり率も高いので、芝のマイル路線での活躍を期待します。

    本当に欲しかった馬
    ドラフト競合で獲れなかったディープ産駒のアルジャイナ、ブルーミングスカイと去年の指名馬ノーブルスコアの半弟エカテリンブルクですね。

    桜木さん、参加者の皆さま、今期も1年間よろしくお願いします。

  7. 今回は1位指名が12番目で、本当に取りたい馬は早々に取られるだろうと諦めて、ステファニーズキトゥンとフィオドラのどちらかに絞りました。

    【本指名】
    1位 リメンバーメモリー(母フィオドラ)
    キズナ産駒で一番評価が高かったので指名候補に。あまりに高評価するのを感じたので、1位候補に格上げしました。ともかく権利が取れてホッとしました。

    2位 ブルーミングスカイ(母ブルーミンバー)
    評価から早いデビュー候補に入れていました。

    3位 キングインパクト(母インネートグレイス)
    四白流星が気になって指名です。

    4位 リリーピュアハート(母リリーオブザヴァレー)
    迷いましたが牝馬指名。ディープインパクト牝馬の中で乗り味がよい評判を得ました。

    5位 クラヴァシュドール(母パスオブドリームズ)
    ハーツクライ産駒。中内田厩舎から指名馬が一頭欲しかったので指名。

    6位 ファインアイリス(母ピサノドヌーヴ)
    愛着を感じています。何とか指名できてホッとしています。

    7位 ヒシタイザン(母サンキュースマイル)
    初戦2着。好きなホマレボシ産駒で評価の良かった馬を探していました。

    【補充指名】
    8位 ダーヌビウス(母ドナウブルー)
    この牝系で馬格のある馬だと感じました。

    9位 サトノパシュート(母キャンディネバダ)
    ちょっと遅めだが、予定通り育成が進んでいるので指名しました。

    10位 イデアル(母プリンセスオブシルマー)
    オークスを取った矢作厩舎で、全体的にしっかりしていると評判の馬を指名しました。

    本当に欲しかった馬……リアアントニア(馬名リアアメリア)
    もう言うことありません。m(__)m

    皆様、今期もどうぞよろしくお願いいたします。

  8. 昨年は散々でした。今年はPOG人気のある馬を数頭入れたので、もう少し上位に食い込みたいところです。

    1、アルジャンナ(母コンドコマンド)
    池江厩舎でワールドエース級の評価。馬主さんのゴタゴタ感も逆に応援したくなります。
    やっぱりディープの大物を1頭指名しておきたいので、23番目まで残るのを期待しての指名。

    2、レーヴドゥロワ(母レーヴディソール)
    またもや池江厩舎から。上が池添厩舎→松下厩舎からの池江厩舎。もしや今年のサンデーレーシングのエースでは!?

    3、リンドブラッド(母ゴールデンドックエー)
    藤原厩舎がダービーを勝ってから、もう10年くらい経ちますか。そろそろかも。そしてG1レーシングもそろそろかも。

    4、ヴェルトライゼンテ(母マンデラ)
    またまた池江厩舎でサンデーレーシングでワールドエースの下で。まさか単独指名とは。

    5、スタインウェイ(母ジュエルオブザナイト)
    ジャスタで当たりを引きたいその1。早期デビュー組からまず1頭(負けちゃいましたね)

    6、ファナティックエロ(母レディスキッパー)
    ジャスタで当たりを引きたいその2。ノーザンの大砲候補。

    7、ダイワセントライト(母ノッテビアンカ)
    これは見た目と名前で。

    8、シエルヴァ(母ベルミュール)
    ジャスタで当たりを引きたいその3。こちらも馬主さんが代わってますが、今後の育成はそのままノーザンなんですかね?ノーザンなら素直に期待。ノーザンじゃなくなるなら死ぬ気で応援。

    9、バルトロメウ(母マリアロワイヤル)
    ジャスタで当たりを引きたいその4。社台の大砲候補として。

    10、ペルリナージュ(母メジロルルド)
    競走馬となり得るのかどうかというところから、6月23日のスーパー新馬でデビュー出来るかもというところまで成り上がって来たまるでドラマのような馬。足元の問題もありそうで1戦1戦が勝負な感じも応援しがいがあります。ちなみに昨シーズン提唱して激しくコケた「婆実積馬のルーラーは走る」の該当馬。ピンシェルは母メジロドーベル。ペルリナージュは婆メジロドーベル。さてどうなる?

    欲しかったのは母リッスン。馬主さんと厩舎から指名が嫌われると読んだのですが・・。

    桜木様、昨年も申し上げましたが、今年もこのような場を提供して頂き、ありがとうございました。

    皆様、今年も1年よろしくお願い致します。

  9. 昨期はロジャーバローズでダービー制覇できちゃいましたが、今期ははたして。

    1位 クロワルース(母ルシルク) 
    堅実に走る仔を出す母に初ディープ。期待。
    2位 ヴェルテックス(母シーイズトウショウ)
    NF空港でもべた褒めとのこと。母より距離ももつとのことで。期待。
    3位 アルベロベッロ(母ウィンターコスモス)
    金子さんちのディープ産駒を一頭。期待も始動はいつかな?
    4位 クロトノーナ(母クロノロジスト)
    ノームコア→クロノジェネシス→さらに倍!となることを願って。
    5位 ルヴァン(母ピュアブリーゼ)
    ブラックタイド産駒から一頭。2000m前後でポンポンポンと勝って頂きクラシックへ♪
    6位 アドマイヤパンドラ(母ザズー)  
    復活のアドマイヤ。全姉アルーシャぐらい走ってくれれば。
    7位 アービター(母インダクティ)
    半兄ケイデンスコールより始動が遅くなりそうですが、父トーセンジョーダンで距離延びて○とのことで。
    8位 ラフマニノフ(母ハッピーテレサ)
    あれ?なんで指名したんだっけ?
    9位 ピンクレガシー(母バルドウィナ)
    全姉ジュエラーのイメージ。人気も注目度も低そうだし、そ~っと桜花賞へ。
    10位 コスミックエナジー(母ミクロコスモス)
    全兄コズミックフォースぐらいに走ってくれればと。牝馬に出たのがどうかと…

    ダービー前までは下位をうろちょろしていたので、人気になりそうな仔は外して桜木さんにリストを送りましたが、まさかのロジャーバローズさんのダービー制覇でドラフトが5順目という想定外の出来事。そんな感じですが、桜木さん皆さん、今期も宜しくお願いします。

  10. 桜木さん集計ありがとうございます。
    今回は2番目指名だったのですが、1位指名のサトノフラッグがまさか誰もしていないというオチがありまして、もうそれなら種牡馬全部別にしよう。牝馬は3頭にと方針を変えました。
    1位サトノフラッグ(母バラダセール)
    指名理由は、ダービーはこの馬と思っただけです。里見オーナー、国枝調教師に是非勲章を。
    2位アドマイヤビアンカ(母ライフフォーセール)
    指名理由は、写真見たときに感じたスケールの大きさと、安心の近藤友道ライン是非ダービー出走を。
    3位クロミナンス(母イリュミナンス)
    指名理由は、馬体の凄さただそれだけです。血統はさっぱりわかりませんが、もし内臓も強かったらとんでもない馬だと思います。ただ個人的にはなんとなくですが、ダービー間に合うかが不安です。古馬になったらトップになれる馬だと思います。
    4位ラヴォアドゥース(母フィーリングトーン)
    指名理由は、牝馬の穴馬探しで見つけただけです。デビュー戦は、リアアメリアに完敗でしたが、この馬も3コーナーでどっか行きそうでしたし、岩田騎手とも上手くいってない感じでした。ダイワメジャー産駒ですが、距離の融通も利きそうです。ジョディーみたいな活躍を。
    ここから補充指名
    5位レッドジョコンダ(母モナリザ)
    指名理由は、遅生まれは気になりますが、トモの大きさと、フランケルと藤沢調教師の組み合わせに期待。
    6位レイコックアビー(母ウインフロレゾン)
    指名理由は、ハービンジャー産駒欲しかったのと、使いながら強くなりそうな馬のような気がします。
    7位エムテイオー(母サーキットレディ)
    指名理由は、見た目ジャスタウェイのコピーかと思い、その上須貝厩舎楽しみです。
    8位モルタル(母グローバルピース)
    指名理由は、父母共に年齢が少し高いのがネックですが、兄のパクスアメリカーナのような活躍を。
    9位クロシェット(母トーセンソレイユ)
    指名理由は、今年POGでは池江厩舎が気になるので、牝馬の穴馬で決めました。
    父ノヴェリストもラストドラフト出してますし、トーセンソレイユも血統凄いですからね。
    10位ルナレガーロ2017
    指名理由は、今年ドリームジャーニー産駒3頭しかいないらしく、その上8640万つけたという理由と、去年とれたら欲しかった馬であげたピンクブロッサム(未勝利抹消)の下で、何かの縁で指名しました。同じ中内田厩舎ですし、馬名もスワーヴなんとかだと思います。
    欲しかった馬は、順位かえればとれたリアアメリア、リメンバーメモリー、アルジャンナです。
    以上長文失礼しました。今年は全馬無事で勝利と、一けた順位目標で。一年よろしくお願いします。

  11. 本年も宜しくお願いします。
    昨年伏せた指名したかった馬は、ヴェロックスでした・・・。
    指名、いやせめて名前を出していれば、こんなかっこ悪い後出しにならぬものを(笑)

    1位:ラインベック(母アパパネ)
    本年のコンセプトの一つである再指名、新馬は大変ワクワクしたジナンボーの弟。
    兄が勝ったので、弦を担いでコメント・・・日をまたいでしまいましたが(笑)

    2位:エバーマノ(母ソラリア)
    さすがにオークスで勝ち負けまでした姉のリベンジというのは失礼ですが
    単純に、この母を追っかけていきたいということで指名しました。
    姉はちょっと勝ち上がりに手間取ったので、妹はそこも順調だといいですね。

    3位:アプローズユウ(母アユサン)
    正直、そんなに人気もないようですし、上位でなくとも獲れたのでしょうが
    手塚厩舎の「ア」の馬であり、ほかの同厩だった母の仔が人気になるならば
    この仔だって忘れるなよ、ということでやたらと本年推しております(笑)

    4位:ライフレッスンズ(母レジネッタ)
    母の仔は決して走っていないとは言えないですが、まだ母クラスは出ていません。
    金子さんのお眼鏡に適ったということで、兄弟で一番の活躍を期待しています。

    5位:カミーノ(母ジョディーズライン)
    カシアスの活躍が記憶に新しいカナヤマさんのキンシャサ産駒。
    同厩の先輩カシアスに負けない活躍を期待しています。

    6位:エストロ(母スピードリッパー)
    ある意味、早々と今年の再指名のコンセプトを決めてくれた馬でもあります。
    兄は、心配していた気性が爆発し、去勢になってしまいました。
    配合としては活躍しておかしくないと思うので、気性との戦いでしょうか。

    7位:マンオブスピリット(母サンデースマイルⅡ)
    再指名4番手、ルガールカルムの弟になります。
    姉は、脚力はあったものの弱点が多く、不安定な成績になってしまいました。
    正直、桜木さんのところでこの厩舎の馬はちょっと・・・とは思いましたが
    母のポテンシャルは高そうなので、そこは目を瞑っていただければと思います。

    8位:ムーンショット(母ベアフットレディ)
    姉たちは、そろって馬体が小さく、大きな活躍とはなりませんでした。
    初の牡馬、攻める中でグンと馬体を増やしたということで、姉たちとは少し違うのかなと。
    寺田千代乃オーナーの再指名枠・・・オーナーと厩舎も相性が良いですしね。

    9位:アルムブラスト(母ヴァンフレーシュ)
    新種牡馬から何か・・・ということでリアルインパクト産駒を狙いました。
    順調そうですし、母も早い時期の実績がありますから、2歳から期待しています。
    新馬から除外になってしまいましたが、厩舎と一緒に名を売ってほしいですね。

    10位:ウーマンズハート(母レディオブパーシャ)
    牡馬を優先したり、日にちを飛ばしてしまったり、選択に迷いましたが
    ちらっと桜木さんの「ダーレー・・・」のつぶやきが目に入ったので当馬に。
    ゲート合格済みではありますが、2歳戦からバリバリな血統ではないと思うので
    昨年のブーケドールのように、オークス路線でアッと言わせてほしい馬です。

    指名したかった馬
    今年の狙い、という意味ではピノクルの弟ケイマーダですね。
    同じ父とオーナーのライフレッスンズが思いがけず獲れてしまって外しました。
    あとは、調教が良すぎて逆に逃げてしまったタイセイビジョンですね(笑)

コメントを残す

必須欄は * がついています