POG一口馬主情報局

POG、一口馬主のための情報サイト。ドラフト型POG開催中。2歳馬、3歳馬の次走近況情報も掲載。キャロットクラブの出資馬の選び方や種牡馬別の配合や厩舎・調教師データなどを解説

ヒストリックスターの2018(父ディープインパクト)評価【キャロットクラブ募集番号1】

| 0件のコメント

当シリーズを初めてご覧になられる方はまず こちら に目を通して頂けると幸いです

<出資馬選びの方向性>
・募集価格に対する回収率を重視(目標200%)
・クラブ内世代トップ10入りを目指せるか?
・重賞出走を目指せるレベルか?

<主な分析ファクター>
・血統・配合、種牡馬傾向、性別傾向
・出生時の母年齢
・DVDでの動き(故障・怪我のリスク)


ヒストリックスターの2018

ヒストリックスターの2018

父:ディープインパクト
母:ヒストリックスター(13歳)
母父:ファルブラヴ

5代目までのクロス:Northern Dancer 5x4x4

牡馬

募集金額:12,000万円
預託予定:美浦・藤沢和雄厩舎

ハープスターの全弟ということで、血統的には文句はありません。13歳時の仔ではありますが、途中に空胎が続いたこともあって、母年齢もマイナス材料になりません。

ちなみに「ディープインパクト+母父ファルブラヴ」は現3歳以上で7頭中3頭が重賞連対馬というハイアベレージ(ハープスター、ワントゥワン、トーセンブレス)。なぜこのような好成績になるのか筆者の知識では解説できないのですが、配合的な観点でいえばハープスターは決して突然変異な存在ではなく、何かしらの血統的な背景があると推察されます。

ここで考えないといけないのは全兄妹のピュアソウルとハープスターと成績が大きく異なるのかという点です。仮説として考えられるのは【性別】と【馬体重】です。

まず【性別】に関しては、ディープインパクトは牡馬がまったく走らないというレベルではないものの、牝馬のほうが大物に出る傾向があります。ですから、今回の牡馬替わりをマイナスとみることもできます。実際、上記の母父ファルブラヴの3頭もすべて牝馬です。

次に【馬体重】という点でみると、ハープスターが募集時点で467kg。一方、ピュアソウルは420kg前後での出走でしたから、馬体重も大きな要素だと考えるのが妥当です。そこで本馬の馬体重に注目すると470kg。近年、キャロットクラブで募集されたヒストリックスターの一族の中でも満足いく測尺に出たように思います。

藤沢和雄厩舎はあと数年で定年解散となり、厳選して馬を預かっているという話もあります。母親優先のバウンスシャッセではなく、こちらの馬を任されたという部分に牧場や厩舎の期待をうかがうことはできますし、純粋な気持ちでそれに乗ってしまうのはアリでしょう。

キャロットクラブの募集番号1番というのは例年ネタ枠のようなところがあるのですが(過去に出資されている方には申し訳ないですが…)、初めて高得点を与えられる馬が配置されたと思います。性別面以外に減点材料は見当たりませんし、人気になってしかるべき1頭でしょう。

(文=桜木悟史) @satoshi_style
——————————————

※母名の横の( )内の数字は本馬出生時の母馬年齢
※出資判断はご自身の責任でお願いいたします。責任は負いかねます
※写真などはクラブの許可を得て掲載しております

▼2018年産の他の診断も見てみる
http://pog-info.com/archives/category/clubhorse/carrot2018



←他のサイトも見てみる



コメントを残す

必須欄は * がついています