POG一口馬主情報局

POG、一口馬主のための情報サイト。ドラフト型POG開催中。2歳馬、3歳馬の次走近況情報も掲載。キャロットクラブの出資馬の選び方や種牡馬別の配合や厩舎・調教師データなどを解説

ウイングステルスの2018(父ディープインパクト)評価【キャロットクラブ募集番号45】

| 0件のコメント

当シリーズを初めてご覧になられる方はまず こちら に目を通して頂けると幸いです

<出資馬選びの方向性>
・募集価格に対する回収率を重視(目標200%)
・クラブ内世代トップ10入りを目指せるか?
・重賞出走を目指せるレベルか?

<主な分析ファクター>
・血統・配合、種牡馬傾向、性別傾向
・出生時の母年齢
・DVDでの動き(故障・怪我のリスク)


ウイングステルスの2018

ウイングステルスの2018

父:ディープインパクト
母:ウイングステルス(13歳)
母父:Hawk Wing

5代目までのクロス:Nijinsky 5×4, Val de Loir 5×5, Northern Dancer 5×5

メス

募集金額:7,000万円
預託予定:栗東・池添学厩舎

この馬に関しては評価を迷う部分があります。「Woodman持ちのディープインパクト産駒」は、ラストインパクトやアレスバローズ、オコレマルーナなど億超えを数頭輩出。率は奮いませんが、一概に結果が出ていない配合とは言えません。

ただ上記の馬を並べてみてもわかる通り、適性がどのあたりに出るのか予想がつかないというのが悩みどころです。母ウイングステルス自身も9戦0勝であり、予測の材料に乏しいと言わざるをえません。

配合的には芝中長距離で活躍したVal De Loirのクロスを内包し、それをディープインパクトの母系で呼応させる形です。半兄ハリスホーク(Rio de La Plata)の戦績を見ても、基本はスタミナ色が強く出ると予想されますが、確信には至りません。逆に馬体はマイルあたりが向きそうで、こういうミスマッチが本馬の評価を難しくしています。どういうところに適性が出るのか数年後に検証したいと思います。

(文=桜木悟史) @satoshi_style
——————————————

※母名の横の( )内の数字は本馬出生時の母馬年齢
※出資判断はご自身の責任でお願いいたします。責任は負いかねます
※写真などはクラブの許可を得て掲載しております

▼2018年産の他の診断も見てみる
http://pog-info.com/archives/category/clubhorse/carrot2018



←他のサイトも見てみる



コメントを残す

必須欄は * がついています