POG一口馬主情報局

POG、一口馬主のための情報サイト。ドラフト型POG開催中。2歳馬、3歳馬の次走近況情報も掲載。キャロットクラブの出資馬の選び方や種牡馬別の配合や厩舎・調教師データなどを解説

フィールザレースの2018(父オルフェーヴル)評価【キャロットクラブ募集番号54】

| 0件のコメント

当シリーズを初めてご覧になられる方はまず こちら に目を通して頂けると幸いです

<出資馬選びの方向性>
・募集価格に対する回収率を重視(目標200%)
・クラブ内世代トップ10入りを目指せるか?
・重賞出走を目指せるレベルか?

<主な分析ファクター>
・血統・配合、種牡馬傾向、性別傾向
・出生時の母年齢
・DVDでの動き(故障・怪我のリスク)


フィールザレースの2018

フィールザレースの2018

父:オルフェーヴル
母:フィールザレース(7歳)
母父:Orpen

5代目までのクロス:Halo 4×5, ノーザンテースト5×4, Northern Dancer 5×5

メス

募集金額:2,000万円
預託予定:栗東・今野貞一厩舎

「母父Orpen」とくれば、マルペンサの一族を参考にするのが手っ取り早いでしょう。マルペンサの一族を並べてみると以下の通り。

サトノダイヤモンド(ディープインパクト) 8勝・86,512万円
リナーテ(ステイゴールド) 5勝・10,003万円 ※現役
マルケッサ(オルフェーヴル) 0勝・175万円
サトノジェネシス(ディープインパクト) 2勝・1701万円

これだけでオルフェーヴルとの相性が悪いと決めつけるのは早計かもしれません。ただ配合的な観点からは納得がいく数字ではあります。

Orpenの血でポイントになるのは内包しているHaloであり、これと相性の良い種牡馬のほうが評価できます。その観点でいえば、本馬の父に迎えるならばディープインパクト>オルフェーヴルだと考えます。

ただし上に書いた通り、父ステイゴールドで成功したリナーテという例もあるのでそれだけの理由で低く評価するもの怖いというのが正直なところ。走ったらゴメンナサイという感じです。

(文=桜木悟史) @satoshi_style
——————————————

※母名の横の( )内の数字は本馬出生時の母馬年齢
※出資判断はご自身の責任でお願いいたします。責任は負いかねます
※写真などはクラブの許可を得て掲載しております

▼2018年産の他の診断も見てみる
http://pog-info.com/archives/category/clubhorse/carrot2018



←他のサイトも見てみる



コメントを残す

必須欄は * がついています