POG一口馬主情報局

POG、一口馬主のための情報サイト。ドラフト型POG開催中。2歳馬、3歳馬の次走近況情報も掲載。キャロットクラブの出資馬の選び方や種牡馬別の配合や厩舎・調教師データなどを解説

【フリスタPOG】スカイグルーヴの微妙な賞金加算はのちに響きそうな予感

| 2件のコメント

POG20200119_1
POG20200119_2




指名馬一覧[馬名,性別,父母]
――――――――――――――――――――――――――――――――――――

京成杯は牝馬ながら1番人気に支持されたスカイグルーヴ(Zioさん)が2着。ただ負けたとはいえ、強い内容でしたからその能力について触れるのは野暮というのものでしょう。

ただ個人的に気になるのは今後のローテ。中途半端に賞金を加算したことで今後のローテはややこしくなった気がします。仮にここを勝っていれば、距離適性を無視してもオークスで勝つために「G1の流れを経験させる」という桜花賞という選択肢も視野に入れることができた。一方、仮に3着以下で賞金加算をできなかった場合は東京最終のフリージア賞で“出直し”をすることもできた。

しかし、中途半端に賞金を加算したことで1勝クラスに出走することはできず、レース選択の幅は小さくなってしまったような気がします。中山の小回りで行なわれるフラワーCはオークスの前哨戦としては不適当。そこで急がせる競馬をさせてしまえば、オークスが厳しくなります。王道ならフローラSからオークスでしょうが、ここからフローラSまでレースを経験させないのは、経験値という意味で歓迎はできない。

どれが正解かなんとも言えませんが、おそらく一番に正解に近そうなのは「除外覚悟で桜花賞に登録して、除外されたら忘れな草賞」ではないでしょうか?(あくまでも個人的見解) そもそも木村厩舎&ノーザンファームが京成杯を勝っていた場合のプランにもよりますが、この陣営が今後どういうレース選択をしてくるのかは非常に興味深いですね。

あと話は飛びますが、小倉の新馬戦でスペードエース(黙殺常習犯さん)が優勝。おめでとうございます。こちらはワールドエース産駒ということで、マイナーな存在ではありますが、実は2年前のキャロットクラブの第1次募集ラインナップで名前が載っていた馬でよく覚えています。ぶっちゃけ買う気満々の馬だったので、キャロットからシルクに変更となって「ズコー」とコケた記憶があります。やっぱりハルーワソングの一族は走りますねねぇ(しみじみ)

←他のPOGサイトも見てみる


2件のコメント

  1. ありがとうございます。
    先週のマイルを除外になって2000になってしまい
    実に嫌な雰囲気でしたが、素質でなんとかしてくれたでしょうか。
    交換馬なので勝ってくれて嬉しいですね。
    しかし桜木さんが出資できていれば、残っていなかったかもしれませんね。

  2. >黙殺常習犯さん
    そういう悪い流れを跳ね返せるのはいい馬の裏返しとも言えそうです。ただ仮に自分の出資馬だったとしても6月生まれを積極的には指名しないかなと思いますね(笑)

    それにしてもNF産のワールドエース産駒は勝ち上がり100%ですか。来期は最初から指名する人がいそうですねw

コメントを残す

必須欄は * がついています