POG一口馬主情報局

POG、一口馬主のための情報サイト。ドラフト型POG開催中。2歳馬、3歳馬の次走近況情報も掲載。キャロットクラブの出資馬の選び方や種牡馬別の配合や厩舎・調教師データなどを解説

【クラブ馬POG】トライアルシーズンを迎えての注目候補は?

| 0件のコメント

ぜひ応援コメントや感想など、スタリオンページまでお寄せください!!
clubPOG2020_2
指名馬一覧はこちら


今週末のチューリップ賞を皮切りにクラシックトライアルが始まります。そのあたりの注目候補を紹介していきたいと思います。

まずは牝馬路線だと、管理人指名のレシステンシアがチューリップ賞に挑戦。牡馬勢がボロボロなだけに優勝のためには桜花賞まで連勝でいかないとどうにもならない感じの管理人の命運は今週末で決まってしまうかもしれません。

牝馬路線では、フラワーCでは単独指名のシーズンズギフト(1Q52さん)とレッドルレーヴ(ニールセンさん)が激突。特に1Q52さんは低価格・単独指名固めで挑んでいますので、ここで重賞勝ちを達成すると回収率部門で上位進出となりそう。そのほかフィリーズRに出走予定のアヌラーダプラ(やすぞうさん)も単独指名。このあたりが順位のカギを握りそうです。

一方、牡馬路線では、現段階ではクラブ所属の牡馬ではエース的存在のサリオスの皐月賞直行が決定。これで春は多くて2戦でしょうから、得点の目論見が外れたという方もいそう。逆にこの恩恵を受けそうなのはヴェルトライゼンデ指名勢でしょうか。

あとは共同通信杯で賞金加算に成功したビターエンダー(やまだりさん)あたりが惑星候補でしょうか。オルフェーヴル産駒は一昨年、皐月賞を勝っていますからね。

あと直近には単独指名組ではクロスセル(石野光さん)・ウインマイティー(DayDreamさん)がOP入り。OPクラスでも力を発揮できるのか?このあたりも注目です。




←他のPOGサイトも見てみる


コメントを残す

必須欄は * がついています