POG一口馬主情報局

POG、一口馬主のための情報サイト。ドラフト型POG開催中。2歳馬、3歳馬の次走近況情報も掲載。キャロットクラブの出資馬の選び方や種牡馬別の配合や厩舎・調教師データなどを解説

【クラブ馬POG】2歳夏重賞に駒を進める有力どころを指名しているのは?

| 0件のコメント

ぜひ応援コメントや感想など、スタリオンページまでお寄せください!!
clubPOG202008
指名馬一覧はこちら


お盆を過ぎてところですが、今年のPOGは全体的に動きが鈍い感じでしょうか。函館2歳Sも注目度低めのリンゴアメが勝利し、全般的にノーザン勢は不調というのも大きいかもしれません。

管理人も出資馬ヴェルナーが新馬戦で完敗の4着。まだ言い訳はできるものの、意気消沈気味なのは確かです。ちなみにその新馬戦を勝利したのがyukimiyuさん単独指名のドゥラヴェルデ。次走は秋以降とのことですが、新馬戦で33.1の脚を使えるのですから素質は確実。これは楽しみでしょう。

それ以外のところで、今後楽しみそうな馬という意味では、ローレライさん単独指名のオーソクレース。これも新馬戦から高いパフォーマンス見せてくれた1頭です。特にこの馬に関しては管理人の目には「まだ仕上がってないなぁ」と緩さがあるように映ったのですが、レースにいってのアノ切れ味。Sadler’s Wellsクロスの馬にアノ切れ味を見せつけられたら降参です(笑)

さてさて、この先の戦いについてですが、大きな山場となりそうなのは9月1週目の小倉2歳S札幌2歳Sでしょう。

小倉2歳S:
モントライゼ(LONSDALE・ツキアカリ・コイコイ・バティ・ランディ・プッチョ)

札幌2歳S:
バスラットレオン(タッキー88・コイコイ)
ユーバーレーベン(黙殺常習犯)

管理人目線で注目馬をあげるならこのあたり。コイコイさんは有力馬2頭持ちなので9月は飛躍の月となりそう。それをゴールドシップ産駒のユーバレーベンが止めることができるのか? 昨年も同産駒が勝っているレースですから、十分にチャンスはありそうです。




←他のPOGサイトも見てみる


コメントを残す

必須欄は * がついています